So-net無料ブログ作成

ジョーが真っ白に燃え尽きた後 [レトロ]

図々しくも私のプロフィールの画像に「あしたのジョー」のラストの絵を使わせてもらうことにしました。
ファンの皆様ご容赦下さい。

ところであの名場面の後どんなストーリーが待ち受けているのか考えてみました。
(「あしたのジョー」を知らない方々には悪しからず)
1.白木葉子
ジョーの死から立ち直れず生涯心から笑うことは二度とない哀しみの人生を送ったことだと思います。
いくら富があっても、埋めることの出来ない哀しみの為に・・・。
2.丹下段平
葉子同様にジョーを失った悲しさから立ち直れず酒浸りの毎日を送りそうです。そう。ジョーと出会う前のような
自暴自棄な泪橋を逆に渡れない頃の過去の日々に・・・。
3.ゴロマキ権藤
ジョーがいなくなった寂しさから無茶な「ゴロ(喧嘩)」をまいてしてしまいジョーを追うように死亡
4.ホセ・メンドーサ
ジョー戦で味わった精神的な恐怖から立ち直れず今でいうパニック障害になり、幸福とは言い難い余生を
送りそう。
5.西&紀子
ジョーの死の悲しさを紛らわすために仕事に励み商売繁盛。でも、心のどこかにジョーの死の悲しみを追いながら
生きる。
6.ドヤ街のちびっ子
ジョー兄いの死のショックから暫く立ち直れなくなるが、ボス格の太郎がジョーの遺志を継ぎボクシングを始める。
そして、そのファイトが丹下段平をジョーの死の哀しみから立ち直らせ、ついには葉子も・・・。
というように1・2の悲劇を救えるのは太郎しかいないと思う。ちばてつや的には有りではないだろうか?
梶山作品なら有り得無そうだが。

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 3

runner

はじめまして。
「休むのもトレーニングのうち」
と分かってはいるつもりでも無理してしまう性格なので
ありがたい言葉でした。

ジョーですが、1年前くらい??にギャオで観たんですが記憶に残る作品だったのを思い出しました。

by runner (2008-03-16 22:31) 

miyaz

nice!&コメントありがとうございます。
Qちゃんはまだジョーみたく灰になっていないと思います。
小出さんはヒザの手術の影響はないと言っていたし、体調を取り戻したらまた走れると思います。
もうプレッシャーを受けずに走れるようになったから、よかったんじゃないかと思います。
by miyaz (2008-03-17 00:13) 

olive

ご訪問くださりありがとうございました。過去記事読ませていただきました。
misttaさんも リアルあしたのジョー世代ではなくても、ファンなんですね。
偉大なマンガだったんだなぁと改めて思いました。私は手塚治虫ファンでしたが。
by olive (2008-03-17 00:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ