So-net無料ブログ作成

心技体 [頑張れ私]

全て鍛えよう。
全て磨こう。
全てまだまだこれから。

後悔しないコツ [頑張れ私]

それは今という一瞬を大切に生きること、という禅の教え。
本当にその通りだと思う。

そして、その教えに従い後悔しない生き方をしたい。

無理でない範囲の無理をする。 [頑張れ私]

何とも矛盾した表現。

無理気味に努力するが、無理にならない水準で努力すると言えば妥当か。

・・・。わかりづらい表現かもしれない。

言わんとすることは、今の私はそれくらいの努力をするつもりということ。

思い出の場所がなくなる。 [独り言]

しばらく利用していませんが、かつては頻繁に利用していたスポーツジムが今日で
営業終了。なんとも寂しい。

最後に利用したのは昨年夏。スタジオの鏡が割れたまま。マシンが故障のまま放置。
ゴミだらけでメンテナンスされていない空調機のフィルター。

まるで見捨てられて治療されない患者に対する扱いのようで不快・・・。
経営者がこの施設に思入れが無かったことは、あてずっぽうな推測ではないと
思います。

思い出の場所がなくなる。人生今までにも何度か経験してきたこと。それでもやはり
耐性が出来ているとは言い難い。

最後に施設に対して感謝の言葉を。
思い出を有難う。

全部受け入れる。 [独り言]

無償の愛とでも言うべきか。
否。それとは違う。

全てを受け入れる。自分の感情を排除して、全てを否定せず認める。
そのような態度を取ることも厭わない相手がいても良いと思う。


事業性評価エキスパート [頑張れ私]


事業性評価エキスパートという

マニアックな資格試験合格。

cbt試験。所定の会場のパソコンで受験し、
その場で合否がわかる。

スポーツジムで運動後、5時に受験、合格。

今年3つ目の資格取得。
今年目標の10資格いけるかも。
行こう!

さりげない案内 [フィットネス]

来月から(来週から)イントラさんのレッスン時間が変わります。
受けられれば幸福。

イントラさんのさりげない案内。
さりげなく、時間が変わっても参加をお待ちしている旨アピールする
イントラさん。

もちろん、参加します。

今日もイントラさん有難うございました。

数字で考えるすばらしさ [独り言]

数字だけで見るな
そんな風に「「数字=悪者」とみなすような見方は多い。
数字で物事を決めることを機械的で感情を無視したものという考え方が
珍しくない。

だが・・・。数字で考えることは悪だろうか。

恐らく数字で考えることの”悪玉”説は、数字の使い方が公平でなかったり、
材料が偏っているからではないだろうか。

評価基準となる数字の決め方が適切でなかったり、数字の導き方に論理性が
無いから「数字だけで決めるな」という話になりがちなのではないかと考える。

数字で考えることは、具体的で科学的な側面を持つ。
どうずれば、数字で考えることの合理性を持てるか考えることを大切にしたい。

読書ご紹介その742・・・「図解 人生がうまくいく人は図で考える」(久垣啓一氏著) [読書]

本書は図解をふんだんに取り入れている。
それは読者に図解を使うための例を示すためだ。

図解すると頭の中が整理されることが本書を読み進めるとよくわかる。

図解は状況を把握するうえで有効である。本書をヒントに図解を積極的に使ってみたくなった。

分析 [独り言]

分析は好きかもしれない。
何かをテーマに多角度から調べて、傾向や特徴をつかむ。
その上で意思決定を行う。

分析というものはなかなか難しい。
まず、データを集めるのが簡単でないところが課題になる。
どのようなデータを集めるべきかを考えるのも難しい。
そして・・・。

陥りやすいのは、自分が望む方向性の分析をしてしまうこと。
バイアスから逃れるのはなかなか難しい。

冷静かつ客観的に物事を調べること、何かしらの仮説を導きだす熱意、両方が必要ではないか。

ポップコーンチキン@ケンタッキー [食べ物]

個人的にはまりました。
小腹に良し。
ビールにも合う。
レギュラー化求む。

愚直 [頑張れ私]

不思議な言葉だ。
「愚」とつくのに悪いニュアンスが無い。

素直さ、実直さを極めた響きがする。

愚直に生きる。
不器用な私が目指すべきものをそこに感じる。

昭和の日、昭和の人 [独り言]

昭和の日にして土曜日。
何か一日祝日を勿体無いことをしたような気持ち(笑)・・・。


昭和の日に昭和の人とはどのような人かを考えた。
昭和という時代の泥臭さを引きずっている人という答えが出た。

泥臭い。個人的に嫌いではない言葉。
泥臭くたっていいじゃあないか。

今日の一言その2819 [今日の一言]

しっかっりと準備をしよう。

現状維持バイアス [独り言]

バイアスとは「先入観」「偏見」という意味。人は、変化そのものを嫌います。
その背景にはプロスペクト理論における「損失回避性」が働いているからといわれています。
損失回避性は
「人は利益から得る満足度より同額の損失から得る苦痛の方が大きいと判断する」
という心理作用。

その心理はわかるがそれでいいのか?
やはり冷静に是非を検討、比較したいもの。
現状維持を目指せば、下がることは有っても逆は無い・・・。

読書ご紹介その741・・・「「数字」がわかれば仕事はぜんぶうまくいく」(金児昭氏著) [読書]

著者のサラリーマン人生、それも経理畑での経験から導かれた
精神論、法則には説得力がある

この本はハウツーものではない。しっかりとブレずに仕事をしてきた
ビジネスパーソンからのメッセージである。

読み応えあり。

今日の一言その2818 [今日の一言]

順調に今月を終わろう。

読書ご紹介その740・・・「心のトリセツ「ユング心理学」がよくわかる本」(長尾剛氏著) [読書]

心理学と言えば、個人的にはアドラーを信奉するが、
本書を読んでユングもなるほどと思える納得性を感じた。

淡々と [独り言]

冷めたような感じの表現に思えるが、たまにはそのような態度も大事。
クールでいこう。

読書ご紹介その739・・・「35歳までには“最低”知っておきたい 「裏」経済学ドリル」(洞口勝人氏著) [読書]

惜しむらくは2012年頃の”当世事情”がクイズになっていること。

クイズに答えながら、経済学の考え方、身近な決算書の読み方や
価格の仕組みの考察の仕方が学べる。

現代版にアップデートを希望。

正面衝突を避ける。 [独り言]

多少の感情の行き違いはやむを得ないにしても、避けるべきは正面衝突。
関係の修復が難しくなり、のっぴきならない羽目になる。下手をすると
お互いに致命傷を与え合うことになる。

少し距離を置いてでも、衝突しないことが賢明だろう。

今日の一言その2816 [今日の一言]

何事も準備をしっかりしよう。

読書ご紹介その738・・・「発信力の磨き方現状理解編」(上田昌孝氏著) [読書]

日本人は個人が主張すると一人で責任を負うことになるので発信したがらない。
だが、これからの国際社会それでは駄目だと著者は言う。

日本の共存の精神は素晴らしいものであり、それを世界に発信すべきであるとも
言う。

最後に全て自分のこととして受け止めよと勧めている。短いながらも読みごたえある書。

数字から推測する。 [独り言]

数字だけで決めつける。
それは否定的な見方。
定量だけではなく、定性も見よ。その意見には賛同する。
だが・・・。

数字から読み取るのは、その大小だけではない。
前後の比較で伸び率を見たり、相関関係を見たり、あれこれと統計を見て、その傾向を
把握しようとするのは、謎解きにも似ている。しかも、それはあてずっぽうでは
なく、論理性がある。

もっと数字を有意義に扱いたい。


ビジネス数学検定1級に受かったから、こんな風に考えるようになったかな(笑)。

これからずっとつきあう。 [頑張れ私]

大切にしたい人、大切にしたいもの。
すべて、これからずっとつきあいたい。
こだわるのは良くないが、大切な存在を大切にする気持ちを大事にしたい。

今日の一言その2815 [今日の一言]

夜見る”今日の天気予報”は意外と面白い。

男子三日会わずして刮目して待つべし [三国志]

三国志に出てくる言葉の中で好きな言葉のベスト3に入る。

男子たるもの、短期間でも目を見張るような成長を遂げる存在であるよう
自分をブラッシュアップしたいものだ。

この言葉の”発信人”呂蒙はその良い手本と言えそうだ。

背水の陣 [独り言]

実際に背水の陣を敷いたら、プレッシャーに押しつぶされる気もする。
だが・・・。

自分を窮地に立たせ、後には引けない状況を作りだし、自分の力を引き出すことも
時には必要かもしれない。

背水の陣。悲壮感漂う言葉に思えるが、一方で、心の強い人が決意を固めるための
方策とも思える。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ