So-net無料ブログ作成
検索選択

読書ご紹介その781・・・「ファイナンス力の鍛え方」(小栗 正嗣氏著) [読書]


コンパクトにまとまっていて、内容が理解しやすい。
小難しいことは書かれていない。
ポイントとなる部分がしっかりまとまっている。
良書。

感謝をしよう。 [頑張れ私]

感謝の気持ちが多ければもっと幸福を感じられるはずだ。

反対に感謝の気持ちが無ければ、不愉快になることが多くなる。

感謝する気持ちを麻痺させてはいけない。
朝起きたらまず感謝することにしたい。

それは無いだろう。 [毒舌]

一万円札を出したとき
「細かい方からお渡しします」
とお釣りを渡された。

何だかなあ・・・。

読書ご紹介その780・・・「成功している人が当たり前にやっている習慣」 [読書]

成功者の考え方というものを知ることにより、習慣が思考になり、その思考がツキを
もたらすことを教えられた。

失敗や不安を考えることが成功を妨げる最大の要因という意見に賛同する。

そして、人の幸福を素直に喜ぶこと、自分には辛抱強さがあり、人を怒らないことで
自分は理解されると考えることなど、読んでいて共感する点が多い。

気持の持ちようがツキを呼ぶ。迷信ではないと、本書を読んで思えるようになった。

悟られないように・・・。 [フィットネス]

完治までもう一息の左脚。
レッスン参加決行!・・・。


イントラさんを心配させないように、”負傷”を悟られなように動きました。

いや!動けてなかったかな・・・。

鏡に映る自分の姿は、いかんも左脚を庇っている・・・。

ニーアップやカールにぎこちなさを感じました。
いつもの汗プラス冷や汗・・・。

ともあれ無事レッスンを楽しんで終了できました。
もうイントラさんを心配させないように故障防止に努めます。

劉禅の暗愚ぶりが本当に蜀滅亡の原因か? [三国志]

私はそうは思わない。
劉禅がやった愚行と言えば、宦官の黄晧を信任して政治を腐敗させたこと、
そして、まだ戦える状態にありながらあっさり降服したことくらいだと考える。

蜀と魏の国力差は明らかだった。
大体、中国の歴史で権力者が原因で国が滅びるのは、
無茶な軍事行動が自らの首を絞めることが挙げられる。
あとは無意味な建築工事で国の財政を苦しくさせることか。

劉禅の治世は褒められたものではないが、そこまで酷いことは
していないように思える、

肉の日 [独り言]

いつの間にか定着していた「肉の日」。
業界の思惑でできた日だろうけれど、こういう趣向は悪くない。

29日は意識的に肉を食べよう。

問題を分解する。 [独り言]

様々な本で書かれていること。
それは・・・。
問題を分解して、解けることから解けという手法。
参考にしてみよう。

辞任ブーム [毒舌]

それも女性政治家に相次いだ。
続投を惜しむ気持ちは全くない。
だが、辞めて責任を取るというポーズは、実は辞めて責任から逃れたいと映るのかと
反面教師として勉強になった。

左脚の痛み再発・・・。 [フィットネス]

今月最終週のシェイプステップ
序盤から快調に飛ばしていました。
ところが・・・。

前半終了間際に突然、左脚のふくらはぎに激痛。

痛みをこらえつつ、最後まで動きましたが、癖になってしまっているようで、
もう少し、自分の体を労わる必要有りと反省。

ITパスポート合格 [頑張れ私]

今年9つめの資格取得
準備期間一週間。
ビジネス系でポイントを稼ぎ、テクニカル分野はある程度目を瞑る作戦が
奏功。

かなりギリギリの得点で合格(笑)。
取り敢えず受かったことで良しとします。

今日の一言その2908 [今日の一言]

心をまっすぐに伸ばす。

ねっとりした人が苦手 [毒舌]

変な表現だが、ありのまま書くと”ねっとりした人”。

爽やかさが無い。逆に不快なまでに濁った感じがする(笑)。
野暮ったく、スマートさにかけ、変に粘着性がある。

苦手なのは私だけではないだろう。

なるべく遠ざかりたい。

うなぎ [食べ物]

今日は丑の日。
私もしっかりうな重を食べました。

昔からうなぎが好きです。もっとも子供の頃は、タレのかかったご飯の方が好きだった
という、我ながら恥ずかしい思い出が有りますが(笑)。

近年、とみに高くなったウナギ。その分食べる”レア度”が上がり、味わって食べるように
なっています。

ウナギパワーで夏バテを乗り越えます。

読書ご紹介その779・・・「マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか」(大嶋祥誉氏著) [読書]

戦略的な目的でノートを書く。
そんな意識に目覚めさせる本かもしれない。

漠然と板書するのがノートではない。
何が問題なのかをまずはっきりさせ、
どのようにすれば良いのか仮説を立て、それを検証し、
結論を導くまでがノートの役目。

方眼紙ノートが良い、その理由、活用法なども紹介されており
興味深い。

必勝より少し弱いニュアンスの言葉 [独り言]

ふと、とりとめのない疑問にぶち当たった。
何だろう?
圧勝はかえって強い感じであり、辛勝はトーンダウンし過ぎ。

順当勝ち・・・。
通じるけれど、いかにも歯切れが悪い。

まだまだ言葉にも開拓の余地というものが有りそうだということか。

読書ご紹介その778・・・「超ロジカル思考 「ひらめき力」を引き出す発想トレーニング」(高野研一氏著) [読書]

一冊読めば「ひらめき力」が湧くような魔法の本ではない。
だが、卑近な例を用いながら問題形式で考えさせ、解説する
パターンで展開される本書を読んで、発想のトレーニング
ヒントを得た気がする。

三国志に見る成功者の条件 [三国志]

1.冷静である。
2.己を知っている。
3.感情を表に表さない。
4.人を許す度量が有る。
5.穏やかである。

新しいパターン [フィットネス]

本日参加した初級者向けエアロ。
グレープバインを2往復する際、2往復目はいずれも、両腕を2回引く”新パターン”。

初めての動きに最初戸惑いましたが、これはなかなか良い。

イントラさんが”編み出した”新しい動きかもしれません。

次回はもっときれいに動けるようにします。

イントラさん。今日も有難うございました。

苦戦 [フィットネス]

4週目にして”土曜レギュラー”のシェイプステップは今月初参加。

序盤から苦戦。
とは言え前半ブロックは”それらしい”動きになり、後半に大きな課題。

来週挽回したいものです。

読書ご紹介その777・・・「日経記者に聞く投資で勝つ100のキホン」 [読書]

投資そのものに興味はないが、知識として知っておきたい人には適した本。

用語の説明がわかりやすく、グラフや図解を効果的に取り入れられていて
理解しやすい。

ただ、本当に”投資で勝つ”本ではないと思う。

読書ご紹介その776・・・「やりがいのある仕事」という幻想」(森博嗣氏著) [読書]

仕事に多くを求めすぎるなというのが著者の主塔。

仕事をステータスのように見ている風潮を否定している。

著者ならではの仕事観を知ることが出来て面白い。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ