So-net無料ブログ作成
検索選択
アイディア ブログトップ

AIに出来そうなこと [アイディア]

エクセル関数のように、「こんな計算がしたい」と音声入力をすると、表計算ソフトに
該当する関数が作られる。

これは10年以内に出来ているような気がする。

”大人向け”のお子様ランチ [アイディア]

レストランなどでお子様ランチがとてもおいしそうに見える。
食欲がそれ程でもないと”ちょうどいい”と量的にも魅力に感じる。だが・・・。

勇気を出してお子様ランチを頼んでも注文を受け入られられない。
どうやら、お子様ランチは採算を無視したサービスのようで、”お子様限定”という
”お約束”が有るらしい。

大人向けのお子様ランチに相当するものがあったら受けるのでは?と思う。
レディースがそれに相当するのかもしれない。だが、もう少しひねりを加えて
消費者が飛びつくようなメニューが有ったら私は面白いと思う。

シャーペンの消しゴム [アイディア]

子供の頃、シャーペンの消しゴムはよく消えないから、テストなどで使うなと教えられた。
確かにシャーペンの消しゴムは、小さいということもあるが、”消えっぷり”が良くない。
そこで・・・。

細長で3回くらいはしっかり消える消しゴムをつけたらどうだろう?

上手く宣伝すれば売れると思うし、私自身買う。こんな希望は私だけのものだろうか?

ここまで来たら凄いと思うAI技術 [アイディア]

100発100中笑わせるギャグを連発するロボット

宝くじ1等を高確率で当てるロボット(無理か(笑))。

人を泣かせる仕草や言葉を発するロボット。

当たるかもしれない予言 [アイディア]

すでに有るかもしれないが・・・。

語句変換の変換候補。学習コレクト機能を更に進化させて、その人の嗜好を問うテスト100問
程度を実施して、それをもとに変換候補が属人ベースで造り上げられるソフト。

ビッグデータを上手く連動させれば、かなり精度の高いものが出来そう。

個人的には実現性・実効性の高いものと考えるが・・・。

勝ち目測定マシン [アイディア]

まるで昔懐かしい(今もやっているか)ドラえもん道具を彷彿させるような”アイテム”。
最低限のデータを入力するだけで、その勝負の勝率が確度高くはじき出される”マシン”。

夢物語のようにも思えるが、ビッグデータで世の中の事情を幅広く拾い上げ、
それを分析する演算能力を高めれば、相応の物が出来てもおかしくない今の世の中・・・。

例えば、A社との商談がまとまる確率、資格試験に合格する確率等。

でも、それはそれで素晴らしいマシンのようにも思えるが、仮に100%的中だったら、
何か寂しい気がする。

遊び心に高度なコンピュータを使う。 [アイディア]

余りにもコンピュータによる自動化が進むと、人間の出番が減り、人間の生活が不安に
なる。私のお遊び的な考えだが、高度なコンピュータ開発を遊びに利用してはどうだろう。

例えば、シミュレーションゲームCPUとの対戦型のもので、やたらと頭脳優秀で
容易に勝てないくらいのコンピュータゲーム。掃除機を使って掃除するロボット
音声で命令すると、それに従って部屋の隅まで掃除してくれる。

ゴールキーパーロボット。
等々。

人を押しのけるロボットではなく、遊び心に応えて人間を満足させてくれるロボットが
有っても良いと思う。

ビニール折り畳み傘 [アイディア]

ふと思いついたが、ビニール傘は捨てるほど(本当に駅のごみ箱にしょっちゅう
捨てられている)有るが、ビニール折り畳み傘を見たことが無い。

低価格で売れるのならば需要は有りそうだ。もっとも売れたら困る問題が出て
きそうだ。すなわち、普通のビニール傘以上に捨てられやすく、環境問題に
マイナスに働きそうだ。

私が編み出した英語勉強法 [アイディア]

それは・・・。YOUTUBE映画ドラマアニメで字幕が英語になっているものの
英語を読むこと。
日本語で話している内容が、字幕で英訳されているのは、なかなかわかりやすい。
あるいは、この勉強法はすでに先駆者がいるかな?いそうですね(笑)。

駅に有ったら便利そうなもの [アイディア]

行きたい先の駅名を入力すると、何番線に乗って、どのような経路で行けば良いのかプリントアウトされる機械。技術的には簡単そうだ。あとはこのサービスを無料で実行する余裕があるか否かだろう。便利ではあると思う。

思い出せそうで、思い出せないとき・・・。 [アイディア]

人物や言葉が思い出せそうで思い出せないことがある。個人的には年々その傾向が高まっている。
思い出せないままでいると、とてもイライラする。出来ればその日のうちに解決しておきたい。
そんなときにどうするか?
私はGoogleで思い出せないことに関連する語句を検索し、ヒットしたサイトの記事を読むことにしています。
丹念に読んでいると、そのうちヒットすることが結構有ります。一度お試しあれ。
効果のほどは保証できませんが・・・。

レフト強襲のヒット [アイディア]

サード強襲のヒットというものは聞くが、”レフト強襲のヒット”は聞いた試しが無い。
何故か?
そもそも、「サード強襲のヒット」とは、サード真正面に飛んだ打球を、
打球の速度が速過ぎて、サードが取れなかったような当たりを、「エラー」ではなく、「ヒット」扱いに
するものだろう。
それが正しい定義と仮定すると、「レフト強襲のヒット」とはどんな”当たり”か?
まず、強烈なゴロでのレフトへの打球は”ゴロ”である時点で、「レフト強襲のヒット」の対象外だ。
打球の緩急に関わらずヒットになるからだ。”レフト強襲のヒット”とは弾丸ライナーがレフト正面に
飛んだにも関わらず、レフトのグローブを弾くような強烈な当たりということになるだろう。
いまだかつて、そんな打球にお目にかかったことがない。最近、とんと野球を見る機会が減ったが、
もしも、”レフト強襲のヒット”を打つような凄い打者が出現したら、きっと、そのときは球場に足を運んで
その選手を見に行くと思う。

ブログを仕事に役立てられないかな? [アイディア]

ブログは個人的には便利だ。簡単な日記帳代わりになり、カテゴリー別、時系列、場合によっては語句の検索で自分が過去に書いたことを調べられる。
これを仕事に活用することは出来ないか?
ブログを書いていると人に読まれることを前提としているので、書く事を頭の中でまとめているうちに、
考えていることの整理が出来て、アイディアが浮かんだりすることがある。
現時点でもとりとめもなく、気軽に気ままにブログで記事を書いているうちに仕事に役立つアイディアが
浮かぶことが少なからずあるのだが。

猛暑の中の営業の秘訣 [アイディア]

高度な話ではなく”暑さ対策”の話です。
1.冷房の効いたビルを頻繁に通過する
2.地下道を選ぶ
3.地下鉄を多用し地上の道を極力避ける
暑いからといって営業の脚を鈍らせることだけはナンセンスです。

面と向かって注意出来ないときに注意する方法・・・。 [アイディア]

相手がプライドの高い人や注意し辛い人である場合にその人の弱点や欠点を
注意するにはどうすればいいか?
私はその一つが「第三者をモデルとして注意すること」だと思う。
例えば、Aさんの弱点をAさんに注意出来ないときに、別のBさんが同じような
弱点があり、自分とAさんとそれ以外にもう一人以上誰かいるときに
「Bさんのここは残念だね」等と、話の中心をBさんにして、さりげなく
遠まわしにAさんの弱点を伝えてあげる。
これは必ずしも最良の方法ではない。察しのいいAさんならば、
「あいつ遠まわしに俺を馬鹿にしたな」と思うだろうし、鈍いAさんなら
聞き逃しておしまいだろう。あくまでも方法の一つとして提案するものである。

マイクロソフトに望むこと [アイディア]

1.印刷プレビューと実際の印刷を一致させる
2.訳のわからない文字変換をしない
3.文字変換候補をもっと現実に即した内容にする

1は何故いまだ改善されないのでしょうか?
2は長い文字列になると変なところで文節を切るケースを指します。
3は無理かも(笑)

Excel関数 [アイディア]

月の最初の平日を毎月提出する書類の作成日になるように予め書類を作り置きしておく。
一番地道なのはカレンダーと睨めっこして日付を入れておくことだ。
だが、それは面倒だ。そんなときどうするか?会社のパソコンはExcel2003なので2007の関数が
使えない・・・。
色々調べた結果WEEKDAY関数なるものを見つけ、曜日を値で返すこの関数とIF関数を絡めることに
した。ただ、この関数の難点は1月と5月のように元旦、GWの関係で変則的な休日が月初に
発生するケースだ。何か有効な方法はあるのだろうか?昔は事務部門にいて、しょっちゅう事務改善の
為にEXCEL関数を駆使したり創意工夫をしていたが、最近はどうもその辺がお留守だ。

腕時計の電池 [アイディア]

愛用している腕時計が、買って以来の電池の寿命が切れるタイミングに近づいているようだ。
奇妙な現象に見える。秒針が今まで1秒ごとに刻まれていたものが5秒おきに5秒まとめて動いている・・・。
腕時計の電池が切れるかどうかなど、実際に止まってしまうか、こんな現象を見ない限り、気がつかないし
気にならないものだろう。
それにしても腕時計が止まってしまうのは不便なものだ。もっとも携帯電話があるので大して切実な
問題ではないが、ビジネスパーソンの一人として時間を確認するときは左腕を「く」の字に曲げるのが
常道だと思っているので、携帯電話で時間を見るのは何かしっくりこない。
ところで腕時計にセンサーを当てると電池の寿命がどれくらいかわかる。いや、腕時計ばかりでなく、
センサーで電池の寿命を測定できる機械があれば便利だなとふと思った。私が知らないだけで、
すでに存在しているのだろうか?

捨てるのが面倒な時代 [アイディア]

産業廃棄物処理法に端を発して、世の中全体「物を捨てること」が面倒になっている。企業のみならず家庭用のゴミも
なかなか捨てるのが面倒だ。新しい靴を買って、履いてきた靴が古くて処分をお願いすると快く引き受けてくれるケースが多い
ので、新しい靴を買うときは邪魔になった古い靴を履いていくことにしている。
紙袋は意外と会社で使ったりするので会社でプールしている紙袋に混ぜることしている。
ビニール袋は大きなバッグを持っていて中に荷物を入れられるときには要らない旨を告げる。
ゴミを出さないこつはゴミになりそうな物を貯めこまないこと。ゴミを無料で合理的に処分できる機会を有効活用することが
第一だと思う。

そういう考えも有りですね [アイディア]

昼食のとき行き着けの食堂でマスター年賀状の話になりました。マスター曰く
「私は年賀状は元旦に届くことを考えないで、元旦に駅伝を見ながらリアルタイムの状況を交えて年賀状を書くことに
しているんよ」とのこと。
なるほど。そういう考えも有りかもしれません。元旦に届く年賀状が多いので3日位に届く年賀状は珍しく、注意して読むかも。
色々な考え方があるものです。

髭剃りは2度する [アイディア]

私は比較的髭が伸びやすい体質のようです。朝起きてすぐに髭を剃りますが、寝る前にも髭を剃ることにしています。
寝る前が一番髭が多い状態であり、剃っておけば、たとえ、翌朝寝坊しても”無精ひげ”が少ない状態になっている
という利点があります。

置き傘 [アイディア]

置き傘にするなら盗まれても惜しくない傘を選ぶべきだ。私は過去何度か結構気に入っていた傘を盗まれた(持っていかれた)
ことがある。だからと言って、小学校の修学旅行のような真似はしたくないので傘に名前を張ったりはしない。
実は去年から置き傘ならぬ、”置き折りたたみ傘”を会社に常備するようにしている。折りたたみにしては少し長めの傘なので、
多少強い雨でもしのげる。傘を持ってこなかった日に雨が降りそうな中営業に出かけるときには、カバンにその折りたたみ傘を
忍ばせ、「有事」に備える。”置き折りたたみ傘”は私の机の下に保管してあるので盗まれる危険性も少ない。
我ながらなかなかの妙案だと思っている。
アイディア ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ