So-net無料ブログ作成
東日本大震災に負けるな ブログトップ
前の30件 | -

3.11を悼む。 [東日本大震災に負けるな]

あれから6年。

被災地にはいまだ災害の爪痕が残る。

被災者の方々の心の傷はなおさら深いものだろう。

3.11を悼む。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月11日を風化せず。 [東日本大震災に負けるな]

あれから4年。未だに被災の爪跡は、くっきり
残っている。顕在化した原発リスク。
改めて思い知らされた、地震大国日本。
生きていくのは大変。生きることの大切さ。
3月11日を風化しまい。噛み締めよう。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風化の恐れ [東日本大震災に負けるな]

あれから3年。震災直後の一日はとてつもなく長かった。
電力問題がクローズアップされ、街の明かりが消えた。夜が長くなった。
自粛ムードに批判され明るさを否定された。
悲しいことが多かった。多くの人命が奪われたのだから。
怒りや恐怖が増えた。原発の危険性の高まり。自然災害の恐怖がクローズアップ
された。だが・・・。
3年経過し、人の心に隙が生じていないか?朝職場の上司に指摘されて、風化の
恐れを感じた。気を引き締めよう。志半ば震災で亡くなられた方々の分までしっかり
生きよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

余震はまだ続くのか。 [東日本大震災に負けるな]

宮城県で震度5強の地震。もうやめてくれよ。それが正直な気持ち。
神様。何故、東北の人に・・・。
原発に影響無しという速報を信じていいものやら・・・。
地震ばかりではない。日本列島。この夏の水害は馬鹿にならない。
天よ。日本にこれ以上災いを与えることなかれ。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月11日を忘れず・・・。 [東日本大震災に負けるな]

一年前の今日。スポーツジムで運動をしていましたが、スタジオで贔屓のイントラさんの
指示に従い、地震が発生した時刻に黙祷を捧げました。
今朝は、朝礼の時間に黙祷。
2年前の3月11日。多くの命が奪われた。多くの人々の幸せな日常生活が奪われた。
人は、突然死が迎えにやってくる・・・。
強く生きよう。生きることの素晴らしさに感謝して生きよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれから2年・・・。 [東日本大震災に負けるな]

生涯忘れられない日。あれから2年。被災地域は、いまだ復興の目途が立たず。
それでも、頑張って生きている人々がいる。
多くの命が奪われた悲しさ。そして、原発問題・・・。
色々な思いをこめて、色々な事情を抱え、人は生きていく。
今日、今一度、あの日を思い出して、色々と考えてみたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末の油断をつくような地震・・・。 [東日本大震災に負けるな]

茨城で震度4の地震が有ったようだ。
ここにきて、また不穏なマグニチュードの地震が頻発している
気がする。
震災は忘れた頃にやってくる。忘れずに意識しておけば、来ない?
そんなわけは無いが、平素の心構えは忘れないでおきたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東北が無事でありますように [東日本大震災に負けるな]

夕方の地震。不気味に長く、徐々に揺れの大きさが増す。震源地は宮城。津波警報まで出ている事態。
神様。これ以上東北をいじめないで下さい。

3月11日14時46分の黙祷・・・。 [東日本大震災に負けるな]

その時間をスポーツジムのスタジオの中で迎えました。毎週日曜日に参加している、
初級者向けエアロとステップのレッスンの合間。エアロのレッスン前にイントラさんから、
その時間に30秒間の黙祷を行うアナウンスが入り、黙祷をお願いする旨の説明が事前に有りました。
そして、エアロのレッスン後、その時間近くになるとイントラさんから改めて説明が有り・・・。
特に指示は有りませんでしたが、起立しました。周囲の方々も次々と起立していきます。
14時46分になると場内アナウンスが入り、黙祷が始まりました。犠牲者の方々への哀悼。
そして、今生きている私達が犠牲者の方々の分まで一生懸命生きることの誓い・・・。
しんみりとした気持ちになりました。震災後の自粛ムードは今は無くなったと言っていいでしょう。
それが悪いことだとは思いません。健康な人が、いつまでも元気なく暗くしていることこそ、
ナンセンスだと思います。もちろん、馬鹿騒ぎする必要や享楽的に生きることはどうかと思いますが、
生きることの大切さ、有難さを今生きている私達は感じるべきなのではないかと。

改めて、東日本大震災の犠牲者の方々のご冥福を祈り申し上げます。そして、被災者の方々の
生活が早く元に戻ること、日本にこれ以上の震災の被害が及ばないことを心から祈ります。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日であれから1年・・・。 [東日本大震災に負けるな]

2011年3月11日という日付は、生涯忘れることが無さそうだ。明日であの日から1年・・・。
未曾有の不安に襲われた日。次々と入ってくる悲報。そして、原発に関する恐るべき情報・・・。
計画停電、物不足・・・。放射能汚染の日本についての海外の反応・・・。風評被害あり、
自分さえ良ければという買占め有り、人の心の貧しさが如実に表れたものだ。
首都直下型大地震はかなりの高確率で発生を予測されている昨今。惨事がいつ起きても不思議は
無さそうだ。地震に備えることが大事であるとともに、どんな事態が起きても、心浅ましき人にならず、
冷静に対応する自分を確立したいものだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

招かれざる元旦の客・・・。 [東日本大震災に負けるな]

昨日の地震はまさにそう。あなたを呼んでいませんから。
勝手に家にずかずか(づかづかだろうか?)上がり、家の中をかき回してくれた
感が有ります。長い揺れ。収まったと思った頃に、一度強い揺れ。
今年はもう来ないで下さい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終われば忘れられていくものだが・・・。 [東日本大震災に負けるな]

いよいよ、今年最後のブログ記事になりました。一年が終わる。余程のことが有った年でない限り、
例えば、「2008年に・・・」などと、その年号を強調して思い出されることは少ない。
だが、今年は。3月11日の東日本大震災という大惨事が有り、いやでも忘れられない年になってしまった。
まだ、震災の爪あとは強く残っている。その爪あとはいつ消えるのだろうか?そもそも消えるのだろうか?
家族を家を失った人々の心の悲しみは消えないだろう。終われば忘れられていくことは多いが、忘れられない
ものもある。

今年も一年大変お世話になりました。気軽に気ままに書き綴ったこのブログですが、本年はこの記事を
もって終了します。皆様良いお年をお迎えください。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆夢? [東日本大震災に負けるな]

昨晩ベッドでうとうとしていると・・・。
縦揺れの激しい地震!地球を揺さぶるかのような、かつて経験したことの
無いような大揺れ。「大雨の中地震か!」そう絶望しかけていると・・・。
目が覚めて窓の外で強風の音。眠りに入りかけながら、聴覚と、震災の消えない記憶が
重なり大地震の夢になったのか?
逆夢ですね?逆夢でありますように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震の心配・・・。 [東日本大震災に負けるな]

今朝も、秋田県が震源地で震度4の地震が有ったそうだ。このところ、また余震が活発化している
感がある。巷では、科学的にも東日本大震災級の地震が起きるような予測がされているようで、
「11日」に災害が起きているケースが多いことから、11月11日(明日ですが・・・)に首都圏直下型
大地震が起きるのではという憶測がある。
地震が起きた場合にどうすれば安全だという完全なマニュアルなど無い。せいぜい、家や会社の
中の家具や什器の配置などを耐震を考えたものにする、非常用の水や食料の確保レベルの
話か・・・。大体、日本国内でそこに行けば安全・安心という場所が無いので、”完全な避難場所”が
無いというのが絶望的な話だ。日本はやはり、地震大国である・・・。
起きて欲しくはないが、起きる可能性を考える心の準備と、相応の物理的な準備をする程度の
地震の心配をする。それ以上は個人的には考えられない。それ以上考えても仕方が無いかな・・・。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これ以上東北地方をいじめないで・・・。 [東日本大震災に負けるな]

またもやマグニチュード7を越える地震が有ったそうだ。恥ずかしながら震度3の神奈川にいた
私は地震に気がつかなかった。
マグニチュード7を越える地震。もう東北地方をこれ以上いじめるのはやめて欲しい。
地震ばかりでなく最近は大雨の被害も酷く、今年は猛暑も例年以上のようだ。
東北地方以外の地方も勿論、無害であることが望みだが、これ以上東北地方の方々に
苦しみを与えるような天災は(人災も勿論)やめて欲しい。切なる願いだ。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダニエル・カール氏を讃える・・・。 [東日本大震災に負けるな]

レディー・ガガ氏を讃えた記事( 拙ブログ http://mistta.blog.so-net.ne.jp/2011-06-23-2 ご参照
下さい)のどんべえさんのコメントにダニエル・カールさんに関するものが有った。
ダニエル・カールさんは山形弁研究家という肩書きがある。私は氏のほのぼとした人柄が以前から
好きだった。
氏は当初、情報が錯綜し、震災を受けた日本の各自治体が混乱する中、主に東北に在住する在日外国人に
向け、的確な情報を伝えるため、YOUTUBEに日本のニュースを英訳し、自身の言葉で伝えた。
その後は、関東地方に在住する在日外国人に向け、YOUTUBEにて同様に日本からのニュースソースを
英訳して伝えた。 その中で、在日外国人が日本語のニュースではなく、海外のニュースから日本の現状を
把握していることを知るが、海外の情報が、非常に誇大なものになっていて、正確性を欠いていると思い、
ある程度、震災から時間を経てからは、YOUTUBEにて海外メディアに向け、情報の訂正と「誇大な間違った
情報を、ニュースとして流さないよう」にと訴える動画を順次作成した。
日本人でない彼が日本人以上に日本のことを思って訴える姿に胸を打たれる。そして、世の中には
まだまだ素晴らしい人が数多くいるのだと思い直し、世の中に悲観するのは愚かだと戒めとしている。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レディー・ガガ氏に感謝・・・。 [東日本大震災に負けるな]

こういう人を本当にいい人と言うのではないだろうか。私はファンではないが、放射能を危惧され
日本への観光客が減る中来日して「日本がもう大丈夫だということを世界に知らせるべき」と
発言したこの人気歌手に対して感謝の気持ちだ。
有難うございます。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ようやく本来の日曜日のスタイル [東日本大震災に負けるな]

今日は震災以来久々に普段通っていたスポーツジムを日曜日に利用出来ました。やはりいいものです。イントラさんも同じような感想を実感を込めて語っていました。改めて平穏な日常に戻ったことに感謝するとともに、被災地の一日も早い復興を祈ります。

ファミリーマート福島県川俣町の仮設住宅の敷地内に出店 [東日本大震災に負けるな]

とてもいいことだと思います。まず、コンビニエンスストアの出店そのものが生活にとても助かる存在
でしょう。被災地でなくても、震災後コンビニエンスストアの存在がとても有り難かったことを思い起こすと、
被災地の方の助けになると思います。
店舗の店長を始め店員10名を地元の人優先に雇用するという話も、被災地の雇用問題に貢献します。
ファミリーマートの英断に拍手します。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時間の進み方が戻ってきた・・・。 [東日本大震災に負けるな]

東日本大震災から3ヶ月が経った。被災地の復興はまだまだ見通しが立たないうえに、原発問題は
混迷の度を深めるばかりだ。だが、個人的な日常生活の時間の進み方はようやく元に戻ってきた
感がある。震災後2ヶ月は一日が長く感じられた。いつ余震が来るか気が気で無かった。
大規模停電の可能性、そして、計画停電・・・。特に震災後一ヶ月は時間の経過が長く感じられた。
まだまだ問題は山積みだが、日常生活はようやく震災前の状態に戻りつつ有る。油断はしては
いけないし、震災の教訓をこれからも生かさなければいけない。そんな思いを大切にしつつも、
時間の進み方が戻ってきたことにほっとしているのが正直な気持ちだ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅に2時間だけ戻る被災者の方々の気持ち・・・。 [東日本大震災に負けるな]

ニュースを聞き胸が痛んだ。人体に悪影響が有るかもしれない。それを凌駕する我が家の懐かしさ。
またいつ戻れるかわからないのに掃除をする。当事者にしかわからない思いが有るのだろう。
避難所の不自由な生活。頭に来るくらい続く余震・・・。
私は地震を恨む。政府の対応のまずさを憎む。そして、被災者の方々が一日でも早く落ち着いた平穏な生活を取り戻されることを祈る。

ローマ法王の言葉 [東日本大震災に負けるな]

日本からイタリアに帰国した少女がローマ法王に質問したそうだ。「日本の子供は何故悲しい思いをしなければならないのか?」ローマ法王の回答はこうだった。「私は自問している。答はわからないかもしれない。だが、私は日本の子供たちのために祈る。」被災者に対して出来る善いことは、どんなに小さなことでもしよう。そして、復興を祈ろう。このことをしっかり書いておきたかった。人間は罪深い生き物です。どうか、罪を犯す弱い心に負けませんように。そして、神よ弱い私達をお守り下さい。

地元紙記者の意見に共感 [東日本大震災に負けるな]

Yahooのニュース記事の中に、福島県の地元紙記者のインタビューが有った。自家発電で毎日新聞を発行しているという。続々と伝わる悲報、惨事。同記者は暗い記事ばかりでは地元の被災者の心を暗くしてしまうという思いから、希望を見出だす記事を織り交ぜている。「新聞記者として間違えているかもしれない。」そう語っている。答えはわからない。だが、人間としては正しい態度ではないか。少なくとも、売上を伸ばすために、必要以上に不安を煽るだけの記事に終始する夕刊紙の記者より、人として遥かに健全だと私は思う。

地震なのか? [東日本大震災に負けるな]

駅のホーム等電車の振動で揺れると「地震?」と思います。
会社の椅子から腰を持ち上げるときも「地震?」と思います
片足で30秒位立っていて体が揺れると「地震?」と思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自粛ムードの中の明るさ・・・。 [東日本大震災に負けるな]

自粛ムードだからと言って、敢えて暗くなったり、笑顔をなくすのは反対だ。
ましてや接客業や営業の人間であればなお更のことだ。不必要に暗い顔をして
陰気を更に加速させるのは良くない。
だが、だからと言って無駄に明るく振舞ったり能天気に明るく見せるのも
考え物だ。相手が持ち出さない限り地震の話を避けるのは賢明かもしれない。
自然に笑いがこぼれるような話術が必要だろう。センスの問題と言えそうだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

募金をするとき・・・。 [東日本大震災に負けるな]

震災後募金をする機会が増えた。ちょっと贅沢をするとき、嬉しいことがあったときに、
被災者の人への申し訳なさや、今無事に生きていることへの感謝の気持ちを込めて
募金することにしている。それがどうしたの?という話かもしれないが・・・。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

避難者を思いやる・・・。 [東日本大震災に負けるな]

船橋市に避難している子供が「放射線がうつる」といじめられたそうだ。
残念な話だ。だが、これは氷山の一角で同じような”いじめ”は多数起きているのではないか?
意外と大人が子供に「避難者の子と遊ぶと放射線がうつるから近づかないようにしなさい」等と
言っているのではないだろうか。大人が根も葉もない心無い情報を子供に流し込むのは
良くない。もっとも、この国の首相自ら避難者に対する思いやりを欠いた発言をしているわけで
世話が無い。放射線を危惧するならば、被災地だけではなく東京だって危険性は有るわけで、
それを避難者だけ差別するのは弱いものいじめだ。傷心の人の心を思いやる優しさを持ちたいものだ。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毎日警戒心 [東日本大震災に負けるな]

あるいは、しばらくはそんな日々が続くのかもしれない。だが、個人的には心に警戒する心の免疫が出来てきた。今まで、平穏無事で生きてきたことこそ僥倖だったのではないか。毎日警戒心を抱くのは心労が重なるかもしれないが、慣れてしまおう。そんな風に考えてしまおう。人を滅入らせるようなことばかり言うのはよそう。救世主にはなれないが、ムードメーカーにはなれるかもしれない。敢えて反骨精神で明るく生きてみよう。警戒心は忘れないが、だから、何も行動しないのは短絡的で、怠惰なだけではないか。

いくらでも悲観的になれる世の中ですが・・・。 [東日本大震災に負けるな]

世の中、暗く考えようと思えば、悲観的になろうと思えば、いくらでもなれる材料で溢れますいます。私自身世の中の情報を知れば知るほど不安になります。なんと暗い世の中なのか。でも、それでも、流れるままに、暗く俯いて生きるのはごめんです。生きる喜びは確かに有ります。命をあきらめる必要はありません。自分を強く持とう。心を明るく持とう。暗い世の中でも眩しい笑顔で健気に接してくれる人がいる。その人だって心中不安は有るはずだ。生きることに前向きでいたい。

地震を克服する・・・。 [東日本大震災に負けるな]

人間の科学の力で地震を克服出来ないのか。地震抑止力の新発明を妄想する。切望する。何か地震になすがままにされる現状が歯痒くてたまらない!
前の30件 | - 東日本大震災に負けるな ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ