So-net無料ブログ作成

読書ご紹介その853・・・「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル [読書]

こんな風に手帳を使える。
そんなアィディアがコンパクトにまとまって
いてわかりやすい。

色々な人の活用サンプルが有り、倣いたいと思った。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その852・・「外資系投資銀行のエクセル仕事術」(熊野整氏著) [読書]

エクセルの使い方に関する考え方の根底、
そして、実際に使える技の紹介がバランス良く
展開されている。

本書を片手に日常業務で内容を実践しても良さそうだ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その851・・・「「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル 」 [読書]

こんな風に手帳を使える。
そんなアィディアがコンパクトにまとまって
いてらわかりやすい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その850・・・「FOCUS集中力」(ダニエル・ゴールマン著) [読書]


本書は集中力について、それがどのような意味のあるものなのか、
集中力にはどんな性質のものがあるか、それが無いことで
どんな弊害があるか、集中力がある人と無い人の差など、
集中力について深堀して取り上げている。

詳しくは実際に読んで頂きたい。

勉強になる点が多い。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その849・・・「「おつかれさま」を英語で言えますか?(デビッド・セイン著) [読書]


タイトルの答えは。
See you tomorrow.Take it easy.
日本語と比較するとちょっと長い気がする。
そして、本書で紹介される言葉の中には日本語と結びつかない
表現が結構多い。もちろん、日本語に近いものもしっかりある。

本書は類似の表現などの紹介もある。実用的な例文をそのまま
覚えてしまおう。

勉強になります。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その848・・・「劣勢を逆転する交渉力」(小松正之氏著) [読書]

本書は、著者の実体験に基づく。
国際的な捕鯨反対運動に対する日本の構図。

そこで著者が実践した具体的な交渉。その背景。
効果。とても勉強になる。

何よりも劣勢のケーススタディであることが、
本書に書かれていることの説得力を生んでいると思う。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その847・・・「成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい グローバル人材になるための99のアドバイス 」(杉田敏氏著) [読書]

本書のタイトルは、冒頭に取り上げている内容を
指すだけ。全編は、英語の学習を通しての杉田さんの助言。

軽快な筆さばきでスラスラ読める。
そして、杉田さんらしく、ふんだんに引用している
言葉の英文を紹介している。

内容もさることながら、英語のいい勉強になる。
普通に日本語で読んでも良い内容の文章を
英語で読むと、さらに身に染みる。

Control your own destiny,or someone else will.

本書から得たものを血肉としたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その846・・・「起きてから寝るまで 英語で「7つの習慣」 [読書]

7つの習慣の要点と事例がわかりやすく書かれている
上に、英語の勉強になる。
素晴らしい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その845・・・「読解のための 東大生式「漢字×用語」手帖」 [読書]

全問トライした。恥ずかしながら勘違いして覚えたものも含め正解できなかった問題が
あった。

知識の再点検、脳の老化防止のトレーニングに適していると言えそうだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その844・・・「Google英文ライティング 英語がどんどん書けるようになる本 」(遠田和子氏著) [読書]

Googleの活用、ネット活用による英語の勉強、いずれも十分知っているつもりであり、
活用しているつもりでもあった。

だが、本書の紹介する内容は、Googleを使うことで英文が正しいかどうかをこんな
方法で可能にしますというもの。

言われてみれば、なるほどと思える単純明快な手法。
だが、それはコロンブスの卵。

本書で学んだこと、そしてその発想法の応用で知的水準を高めたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その843・・・「知力をつくる技術―――あなたが「総合的な知的能力」を鍛える48のレッスン」(船川惇志氏著) [読書]

そもそも「知力」とは何か?それが本書の題材。
それを語れるレベルまで自分なりに理解して説明できるようになることが、
「知力を伸ばすこと」である。
それが読後の感想である。

「知る」には5段階あるという著者の説明に納得した。

知力を伸ばすカギは、「才能より習慣にあり」という言葉を刻んで
おこう。

本書に書かれている内容はわかりやすく、また必要なことだという
説得力がある。是非参考にしたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その842・・・「考えをまとめる・伝える図解の技術」(奥村隆一氏著)「 [読書]

本書は素晴らしい。

最初に各々の図解の特徴について説明。
ケースに応じてどの図解を利用すべきかを示し、
具体的な課題を元に実用例、図解を利用する際の
考え方を丁寧に教えてくれる。

5パターンの図解の紹介だが、それで十分だと思う。
本書での学びを活かしたい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その843・・・「データ分析が生んだ50の発見」 [読書]

定説ではこうだが、データ分析の結果は、実はこう。

そんな意外性を50紹介する本。

仮説を立てることは大事だが、検証は大事。
そして、検証から新たな仮説を導き出す。

そんな作業の必要性を感じさせられた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その842・・・「】「リーダーの条件」が変わった 「危機の時代」を乗り越える新しい統率力」(大前研一氏著) [読書]

本書の書き出しは、東日本大震災直後の政府の対応のまずさ。
日本のリーダーには何が欠けていたのか?
世界で優秀なリーダーは誰か?どんなところが
優秀なのか?
大前さんの、リーダーに必要なヴィジョンと
コミニュケーション力、実行力という主張に
大いに納得している。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その841・・・「「伝わる資料」のためのExcel文書・図表作成」 [読書]

有意義なテクニックが多数紹介されており、非常に
役に立つ。
実際の利用を踏まえた技の紹介になっているので
わかりやすく、かつ、実践的。
実務に多いに役立ちそう。特にグラフ作成は
良い勉強になります。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その840・・・「24時間仕事術」(大前研一氏著) [読書]

2005年に書かれた本。
この年から日本は年金、治安など様々な面で
悪くなっていくという大前さんの分析は、悲しい
かな当たっている。

今までの延長線で物を考えていては生きていけない。大前さんの警告はぐさりと刺さるものがある。

本書はよくありがちな、悲観論一辺倒で包まれた
本ではない。どのようにすべきかの処方箋を
しっかりと示されている。

サッと読める量なのでお勧めしたい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その839・・・「戦略思考」(大前研一氏著) [読書]

【大前さんが本書で強調していること】
構想力の大切さ
構想力は、常に観察し、考察し、深く考え、
他人の意見を聞くと同時に反発し、自ら
鍛え続けることで身につく。
今の日本のサラリーマンには願望がない。

【本書を読んで学んだこと】
英語、財務、ITがビジネスマンの必須スキル。
情報を得るための一番の原動力は、興味、関心を
持つこと。
情報が本当に自分の血となり肉となるためには、
その情報を自分で加工しなければならない。
ITを駆使して必要な情報を掴み取り、どこへでも
出かけていって、現場から学び、仮説を立てて、
データや証拠を揃えて検証する。

しっかりとした思考ができるようになりたい方にお勧めします。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その838・・・「ジョジョの奇妙な冒険が教える 最強の心理戦略」(内藤誼人氏著) [読書]

ジョジョと心理学。
個人的には、奇妙な組み合わせに感じた。

だが本書を読んで納得した。

漫画の心に残る場面をそれに関連した心理学に
結び付ける。

イメージしやすく、理解しやすい。

本書は、さらに言えば、前向きな心理学的考え方の
紹介が多い。

読んで良かった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その837・・・「ロジカルシンキングを鍛える」(細谷功氏著) [読書]

変な表現だが、ロジカルシンキングについてロジカルにまとめられており、
理解しやすい。

そもそも、何故ロジカルシンキングが必要なのか?

ロジカルシンキングに必要なものは何か?その目指すべきものは何か?
どのようにすれば鍛えられるか?を細かく丁寧に説明されている一冊。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その836・・・「東大生が書いた! 経済ニュースが140字でスッキリわかる本」 [読書]

140字以内で用語について簡潔に説明されている。

惜しむらくは2012年の本。すでに5年経過しており、ネタの鮮度が・・・。

続編を望む。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その835・・・「伝わる人は「1行」でツカむ」(川上徹也氏著) [読書]

本書は実際のコピーの例を示しつつ、伝えるコツを伝えている。
コピーの文句やプレゼンでインパクトを与えたい人には参考になりそうです。

共感したポイントのうち以下5点をご紹介。

1.短く言い切る
2.脅して言い切る
3.本質的な問いかけをする
4.二者択一で問いかける
5.ゴロを良くする
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その834・・・「日本経済入門」(野口悠紀雄氏著) [読書]

日本経済を多角度的に分析して、「一般的に言われている説」と「現実的な問題」
の違いを明確にして説明している。

「高齢化社会」の問題も、「労働人口の年齢構成」が問題であること、「社会保障費の増加」が問題であることなど、その問題の本質を的確に説明している。

そもそもの日本経済の問題に言及し、デフレの問題を分解して、その実態をわかりやすくしたり、金融ではなく技術革新こそ日本の産業に必要であることなど、統計数値
などを用いて論理的に説明する。

本書のスタンスも異次元金融緩和は失敗という見方。だが、他の評論家のように
「アホノミクス」風の感情的な批判ではなく、理にかなった意見であり、読んで
勉強になった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その833・・・「仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法」(大嶋祥誉氏著) [読書]

<メモ・・・参考になった点>
・仕事の前に明確にゴールをイメージする。
・ゴールから逆算する。
・目標をステップに分けてそれぞれの期限を設ける。
・必要と思われる作業をランダムに書き出しグループ化する。
・仮説は再検証すべきものであり、絶対ではない。
・日頃から「自分だったらこうする」と考える習慣をつけて、仮説力を磨く。
・仕事の設計図を紙1枚にまとめる。
・仕事の全体設計図をベースにしてスケジュールを意識しながらTO DO LISTを作る。

大変参考になった一冊。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その832・・・「もっと効果的に勉強する技術!」(高島徹治氏著) [読書]

個人的には3割くらい役に立つ内容。
すでに読んだ本に書かれている内容と重複する”ノウハウ”が結構多い。

特に参考になった点を3つご紹介。

参考書は軽薄短小が理想
問題集は解説の仕方がポイント
キーワードにマーカーを引くだけではなく、キーセンテンスにもマーカーを
引く。

勉強する技術。良いものはしっかり吸収したい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その831・・・「本質を一瞬で伝える技術」(溝田明氏著) [読書]

7つのポイントにまとめて本質の伝え方を
教えてくれる本。

ポイントごとに、具体的にわかりやすく
説明されている。

著者がデザイナーであり、内容にかなりその
ことが反映されているが、支障は無い。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その830・・・「仕事・人生で活かせる英語の名言135」(東郷星人氏著) [読書]

名言が英語で書かれている。

予想していたよりも難しい英単語が出てこない。
ああ、英語ではこんな風に言うのかという表現が多い。

普通に日本語で書かれるよりも、名言が響いて記憶に残る気がする。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その829・・・「50代からの選択 ビジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか」(大前研一氏著) [読書]

本書が書かれたのは約10年前。
その時点で今の所得格差を予測しているのはさすがだと思った。

著者の年代別の人生に対するスタンスの考え方が参考になる。

本書では著者の50代、都知事に立候補して青島都知事に
敗れたことについても触れられており、正直な気持ちを吐露している
ところも興味深い。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その828・・・「決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編」(前川修満氏著) [読書]

抑えるべきポイントがしっかり抑えられているのが良い。

すなわち、まず営業キャッシュフロー合計と投資キャッシュフロー合計を見よと。

この営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの引き算が黒字か赤字かを見るのが
大切なことを説く。

キャッシュフロー計算書は監査が必要な書類であり、おまけに粉飾もすぐに見抜けるもの。

キャッシュフロー計算書の理解意欲を刺激する本。そして、理解度が深まる一冊。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その827・・・「仕事が速い人は図で考える」(奥村隆一氏著) [読書]

図解の良さを理解しつつも、その扱い方がわからない。
そんな私のような人に相応しい一冊。

例えば、ペン図は、こんな時に有効で、手順としては、こんな風に進めると良いといった具合に
説明が具体的で大いに参考になります。

あとは、実践あるのみ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その826・・・「営業力100本ノック」(北澤幸太郎氏著) [読書]

営業に必要なエッセンスが100に分かれて説明されている。
心構えあり。営業の目的である契約に至るまでのプロセス。
営業戦略。営業マンとしての素地。
営業歴の浅い人、そして、その営業歴の浅い人をマネジメントする人にも
参考になることが多く書かれている。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ