So-net無料ブログ作成
検索選択

読書ご紹介その779・・・「マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか」(大嶋祥誉氏著) [読書]

戦略的な目的でノートを書く。
そんな意識に目覚めさせる本かもしれない。

漠然と板書するのがノートではない。
何が問題なのかをまずはっきりさせ、
どのようにすれば良いのか仮説を立て、それを検証し、
結論を導くまでがノートの役目。

方眼紙ノートが良い、その理由、活用法なども紹介されており
興味深い。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その778・・・「超ロジカル思考 「ひらめき力」を引き出す発想トレーニング」(高野研一氏著) [読書]

一冊読めば「ひらめき力」が湧くような魔法の本ではない。
だが、卑近な例を用いながら問題形式で考えさせ、解説する
パターンで展開される本書を読んで、発想のトレーニング
ヒントを得た気がする。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その777・・・「日経記者に聞く投資で勝つ100のキホン」 [読書]

投資そのものに興味はないが、知識として知っておきたい人には適した本。

用語の説明がわかりやすく、グラフや図解を効果的に取り入れられていて
理解しやすい。

ただ、本当に”投資で勝つ”本ではないと思う。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その776・・・「やりがいのある仕事」という幻想」(森博嗣氏著) [読書]

仕事に多くを求めすぎるなというのが著者の主塔。

仕事をステータスのように見ている風潮を否定している。

著者ならではの仕事観を知ることが出来て面白い。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その775・・・「「働き方」の教科書 人生と仕事とお金の基本」(出口治明氏著) [読書]

著者の仕事観が語られている。
年代に応じた仕事に対する考え方、目標なども示されており
興味深い。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その774・・・「7つの習慣」クイックマスター・シリーズ 第四の習慣:Win-Winを考える 相手を尊重する力」 [読書]

人と比べること、人に勝つことだけを考えることは、得策ではない。

本書の教えはそれ。

相手を尊重する。自分のことだけを考えず、相手がどう思うか、
どうすれば喜んでもらえるか。

本書を読むとそんな思いを抱くようになる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その773・・・「中村天風 悲運に心悩ますな」(広岡達朗氏著) [読書]

広岡という少し皮肉屋風ながら、正論を述べる人が信奉する中村天風。
本書を読む以前に中村天風の教えについては、すでに読んで感銘を受けていた。

考え方に共鳴できる人物が、自分も認める人物の美点について記述する。これはなかなか
興味深いものだ。

人間は誰でもこの世の進化と向上のために生まれてきた。
この天風の教えは生きる力に勇気を与えてくれる。

気持ち次第で健康も運も変えることができる。

積極的な精神が集中力を高め、人生を変える。

等、学ぶべき教えが多いし、意識したいものだ。

最後に一つ実践しようと思ったことを紹介。

腹が立ったり、心配なことや恐ろしいことがあったら、肛門をしめ、腹に力を入れると同時に
肩の力を落とす。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その772・・・「できる人の人生のルール The Rules of Life」(リチャード・テンプラー著) [読書]

冒頭から「ルールを秘密にする」とあるのには、少し驚いた。だが、正論だと思う。
ただ黙って自分のやるべきことをやるのが大事。

人生の指針とすべきルールを多角度から見て、多様性を求めている。
本書を活かして良い人生を送ろう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その771・・・「世界は数字でできている 数の「超」活用法」(野口悠紀雄氏著) [読書]

数字と実態が結びつかない。
そんな思いが、この本を読むと、その”解消の仕方”を学ぶことが出来る。

その数字を用意した人がどのような”狙い”で、数字を示しているかを
考えるとい視点は大切だと思う。

著者の数字についての発想を知り、数字に親しみを覚えた。

日常の様々なことを数字で考えるようにしよう。
そんな思いにさせる一冊。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その770・・・「ビジネスマンに役立つ!「論語」最強の活用法 「惑わず」「悩まず」「恐れず」生きるコツ (小宮一慶氏著) [読書]


本書は、論語の重要と思える部分を抜粋して、著者が現代風に
解釈して解説する。

論語の文語体のわかりづらさが解消されているのが良い。

「着と利を一致させる」それが良い生き方だと繰り返し説かれている。

礼を大切にせよ。行動することを大切にせよ。

読み終えて、論語を本格的に読みたくなった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その769・・・「(世界の一流36人「仕事の基本」 」(戸塚隆将氏著) [読書]

一流36人のそれぞれの仕事に関する心構え。
仕事観を紹介する本。

なるほどと思う点が多い。

自分が甘めに限界点を設けていることの非を思い知らされる。
なかなか気づきの多い一冊。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その768・・・「心を整えれば、シンプルに生きられる」(リチャード・デビッドソン著) [読書]

【なるほどと思ったこと】
・注意力と感情には深い関係がある。
・集中力がある人は冷静で感情に左右されない。
・心のトレーニングが脳の活動パターンを変える。
・小さな行動を重ねることが、「大きな自信」につながる。
・ゆっくりと意識しながら、注意を体の各所に向ける。
・瞑想と言うトレーニングには思いやりや親愛とう気持ちを増やし、
苦痛を減らす力が有る。
・感情スタイルは自分で変えられる。

本書には具体的で簡単に数分で行える瞑想トレーニング、その効能も
わかりやすくかかれている。参考になる一冊。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その767・・・「人事のプロは知っている。組織を伸ばす人、潰す人」(柴田励司氏著) [読書]

どうすれば組織をプラスの方向に導けるか。
その視点で書かれている。

どう組織に自主性を持たせるか。
どう主体性を持たせるか。

結論を先に書き、具体的にどのようなことなのか説明される
形式。

なるほどと思う点いくつかあり。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その766・・・「もう一度、仕事で会いたくなる人」(千田拓哉氏著) [読書]

なるほどと思えた点

・みんなが手を抜く部分に力を入れよう⇒差別化

・自分の「がんばり方」を見直そう⇒大事な視点

・何かしてあげても見返りを求めない⇒意識しよう

・自己満足のための背伸びはすぐやめよう⇒戒め

・「最後に赦す」人に幸福は一極集中し続ける。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その765・・・「これでわかった!連結決算」(金児昭氏著) [読書]

連結決算。漠然としたイメージはあるものの、その真の姿を理解して
いなかった。

本書は入門書であり高度な内容にまで踏み込まない代わりに、
何故、連結決算が必要なのか、どのような考えに基づいて連結決算の
処理はされているのか、その処理にどのような意味合いがあるのか
しっかりとした解説でわかりやすく書かれている。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その764・・・「否定ばかりするのはバカだから。知性がないから否定する。」 [読書]


否定をする。それは頭を使わない行為。
そんなの出来ないよ。面倒くさいだけ。
やってもムダ。
否定することで、自分が賢明であるかのように装う。
だが・・・。

物事を肯定して、何かに挑戦する人を支援して成功させる
方がはるかに頭を使い有益である。

本書はすぐ読み終わる量の内容。
すぐ読めて、「肯定する物の見方を意識しよう」という
気持になれる良書である。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その763・・・「東大首席が教える超速「7回読み」勉強法」(山口真由氏著) [読書]

本書は、速読法を推奨することがメインではない。
本の読み方も含めて勉強の仕方を考察し、提案している本だと
思えた。

「「勉強法」というレールを敷けば知識は身についていく」という
言葉は、東大を首席で卒業した著者のものであるがゆえに
説得力がある。

著者の経験談に基づく勉強方法の推奨は共感する点が多い。
興味が有る方には是非読んで欲しい。

「7回読み」の方法については、作品終盤に紹介されており、
大いに参考になる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その762・・・「あなたはあなたのままでいい! 自分とうまく つきあう方法27」(山崎洋実氏著) [読書]

共感した点】
・自分で決めれば失敗しても悔い無し
・幸せへの近道は、シンプルに徹底的にやり続けること
・起こったことを「〇」にするか「×」にするかは自分次第
・どんな事実にフォーカスするかで人生は大きく変わる
・自分に自信が有る人は、自分が「できないこと」をきちんと認めている

【実践しようと思った点】
・起こったこと、事実だけを俯瞰するようにする
・才能をすべて使うことにエネルギーを使う
・憶測する前に事実を確認する
・嫌われることを恐れない
・その裏にある感情を見る癖をつける

勉強になる一冊。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その761・・・「100分でわかる企業法務 取締役のための会社法ノート」(成和明哲法理t事務所編) [読書]

法学にあまり詳しくない私。
その私にとってこの本は読みやすい。

章ごとの頭にその章のポイントがしっかりと書かれており、
理解しやすくなっている。

コーポレートガバナンスやア内部統制について意識を
促す本とも言える。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その760・・・「寛容力のコツ ささいなことで怒らない、ちょっとしたことで傷つかない」(下園壮太氏著) [読書]

【本書で共感したこと】
・「いつでも」「だれにでも」穏やか人などいない。
・自分の我慢の総量を少ないようにする。
・感情は人の心と体を乗っ取る。
・「被害者意識が強い人」ほど怒りっぽい。
・「違いを楽しむ」のが寛容力のコツ。
・イラッとしたらまず呼吸。
・寛容力を高めるには引く力が大事。
・余裕こそ寛容の大きな源
・自信を失いかけたときほど、自分の軸を大切にする。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その759・・・「クイズで学ぶ なぜなぜ分析超入門 」(小倉仁志氏著) [読書]

本書は、何故分析をするのか?その目的は?分析の仕方で犯しやすい
間違い、勘違いをクイズを通して教えてくれる。考えさせてくれる。

分析の何たるかを考えるのに適した本である。

なぜ?なぜ?と考えるステップにも手順というものがあり、
そもそも、「何故?」のゴールを考えないと目的が手段になりかねない。
それが本書を読んで一番勉強になった点。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その758・・・「相手のホンネは「しぐさ」でわかる」(匠英一氏著) [読書]

一度は聞いたことがあるようなことが多く紹介されている。
ただ、その根拠となる出典の紹介は勉強になる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その757・・・「どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ」 [読書]

CAの作法と言うと、礼儀正しいものという先入観がある。
加えてANAという特別の企業。

口癖とはそれを意識していること。

ANAがどのようなことを意識して、どんなふうにそれを
実践しているのか。本書を読むとそれが垣間見えられて
勉強になる。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その756・・・「記憶力を鍛える方法 100歳まで脳は成長する」(加藤俊徳氏著) [読書]

タイトルが前向きである。
脳は100歳まで鍛えられる。
脳には番地があり、脳の働き場所は別れている。
脳は前向きに考えると成長する。目的を持って考え行動すると
成長する。

そういった内容の脳を活性化することを肯定的に捉える論調で
書かれていて、読んでいて前向きになれる。

人の名前を忘れてしまいがちな人へのトレーニング方法など
実践的な内容も盛り込まれていて、読んでためになると
勧められる一冊。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その755・・・「IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ」(冨山和彦氏著) [読書]

本書は、決算書の数字から仮説を立てる観察力を日頃から
磨くことを推奨している。

売上いくらという数字の単価と客数を想像して、実態を思い描く。
といった具合に、そのイマジネーションの形成の仕方まで
説明している良書。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その754・・・「いざというとき困らない 遺産相続」(東優氏著) [読書]

相続について噛み砕いてわかりやすく説明してくれる良書。

図解がふんだんに取り入れられており理解しやすい。

残念ながら出版されたのが古く法改正で内容が一部現状と
異なるのが難点。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その753・・・「不安の9割は消せる」(枡野俊明氏著) [読書]

枡野さんが勧めていること

・欲望の1%を捨ててみる。
・自分自身の生活にタガをはめる。

枡野さんの主張
・不安感は自らの心を作りだすもの
・今という一瞬を一生懸命に生きる
・愛情から生まれる心配は相手に届いている
・行動することでほとんどの心配は解消される
人間関係で生じるイライラのほとんどはイライラする側の
捉え方

共感したこと
・やめるべきは他人に対して見栄を張ること
・結果にとらわれず、心を無にしてただひたすら目の前のことに集中する

読んですがすしくなれる一冊。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その752・・・「BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ Vol.4」(大前研一氏著) [読書]

沖縄県知事、イオングループのCEOになったらどうするか?
沖縄県知事も、イオングループも各々容易ならぬ問題を抱えている。

大前氏はしっかりと現状を分析し、課題を抽出し、それの解決策を
提案している。

その提案内容が論理的かつ、具体的で勉強になる。
モノの見方、考え方の参考にしたい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その751・・・「レッツ、ホスピタリティ! 心を伝えるコミュニケーション能力の磨き方」(野口幸一氏著) [読書]

ホスピタリティの何たるか?
その実践の仕方。
企業と人に何故ホスピタリティが必要か?
江戸時代にもあったホスピタリティの精神。

といった具合にホスピタリティを広く学べる一冊。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その750・・・「ホスピタリティ・マインド実践入門」(石川英夫氏張) [読書]

ホスピタリティとはもてなしの心。
お客様の気持ちを理解し、それにこたえること。

実は今の日本人に欠けた心がまえでもある。

著者は、ホスピタリティについて、あるべき論、
実際に実現できていないホスピタリティを取り上げるなど
多角度的にホスピタリティを語る。

本書を読んでホスピタリティの重要度を理解した。
本書で学んだことを実践していきたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ