So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

chip off the old clock [英語の勉強]

親にそっくりの子


これはわからない・・・。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3416 [今日の一言]

Do my best.
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1111・・・「英単語が面白いほど身につく語源の本」(清水建二氏著I [読書]

とても役に立つ。
deが、何を意味するか知るだけで単語の理解具合、
覚えやすさが格段に上がる。
非常に有意義な内容。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思い通りにならない状況を心のストレッチにする。 [頑張れ私]

思い通りにならないジレンマ。ストレスになり、不安になる。
そこでやけを起こしたり、心が折れそうになる。
負けてはいけない!

逆境を心のストレッチと思う。

そうすれば自分の心が強くなる。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

有終の美に向けて [フィットネス]

残すところイントラさんの日曜レッスンは今日を含めて2回。

エアロはウォームアップが今までと様相が違うシェイプエアロ仕様(笑)。
と受け止めました・・・。

エアロは二三カ所早とちりで先走りそうになった反省点を除き順調。

ステップももう二段階くらい難しくなっても大丈夫そうです。
有終の美を飾る”プレリュード”になりました。

イントラさん今日も有難うございました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3414 [今日の一言]

今日という日を大切にしよう。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パリ協定指針、合意へ調整 COP24 [ニュース]

ポーランドで開かれている第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)は15日、
地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を運用する実施指針の合意に向けて最終調整に入った。焦点だった資金支援や削減目標を巡って先進国と途上国が折り合い、パリ協定が2020年から適用される見通しになった。温暖化ガスを排出するほぼすべての国が参加する国際的な枠組みが本格的に動き出すことになる。

トランプの身勝手でアメリカが足並みを乱しているが、地球希望で考えて取り組むべき
問題。

アメリカあ早期まともな指導者に交代することを願いつつ、アメリカ以外の他国は
地球を守ることを真剣に考え行動してほしいものだ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

疑問文のever [英語の勉強]

疑問文でeverを使うのは、
Have you ever been to Tokyo?
のような文になるが、これは具体的に何回言ったとか、いつ行ったという具体的な
言葉を求める場合に使うらしい。

今日の英語学習(笑)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本当に景気がいいのか? [素朴な疑問]

いざなぎ越えなどと言われる今の景気。
実感がまるでない。
何か、無理やり数値として景気が良い風を装う政府の陰謀めいた操作があるように
思えてならない。

かなり多くの人が感じていることではないか。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3413 [今日の一言]

慌てない。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

市民権を得る英語 [独り言]

気がつけば日本語で訳さず、”英語そのまま”で日常に普通に使われる、市民権を得る英語がある。

ボトルネック。シームレス。

良いことなのか。悪いことなのか。

良くないのは意味をわからず使ってしまうこと・・・、
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本郵政、米アフラックに3000億円出資 [今日の日経記事から]

日本郵政は米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めた。発行済み株式の7~8%を取得し、4年後をメドに持ち分法適用会社とする。商品開発などで協力を深め、収益源を増やす。アフラックは日本の保険市場への外資参入の先駆け。販売網の充実した郵政との関係強化で、外資を含めた競争が一段と激しくなる。

米アフラックは傘下のアフラック生命保険を通じ、日本でがん保険(総合2面きょうのことば)などを販売している。2017年12月期の売上高に相当する保険料収入は日米合わせて約142億ドル(約1兆6046億円)。医療保険で国内トップシェアを維持している。

郵政は月内にも正式に決議し、早ければ19年中に株式の取得を終える。経営陣の派遣などによる経営への介入はしないことを両社で申し合わせているようだ。

米国は生保が外国政府に支配されることを禁じている。郵政は民営化したが政府が過半を出資する。ルール抵触を避けるため、郵政は信託会社を通じて出資する。米アフラック株は一定期間保有すれば、条件次第で議決権が20%まで増す独自のルールがある。適用を受ける4年後をメドに郵政は事実上の筆頭株主となる見通しだ。

出資後はアフラックと新商品の開発や資産運用面での協業などを検討する。医療技術が進歩し、がん保険も通院で治療する人に合わせて必要な保障だけをつける商品が増えた。郵政はアフラックのノウハウをもとに商品を開発する。国内外で相乗効果が見込める分野への共同投資も検討する。

郵政グループのかんぽ生命保険が扱う保険は保障額が小さく契約しやすいが、商品ラインアップは見劣りする。米アフラックにとって日本は収益の7割超を稼ぐ最大の市場。だが約30の生保が医療保険に参入し、競争は激しい。全国2万4000の郵便局を持つ郵政と関係を深め、主力商品の販売網拡大を期待する。

がん保険など「第三分野」と呼ばれる保険市場は、日米間でたびたび議論に上ってきた。戦後の資本自由化の流れで外資系にのみ市場を開放し、アフラックが1974年にいち早く参入しシェアを拡大した。90年代の日米保険協議でも第三分野への日系企業の市場開放が議論になったが、日系企業の参入が解禁されたのは2001年だった。

13年の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉時にも米国側がかんぽ生命のがん保険参入に強い懸念を示した。当時は独自の商品開発ではなく郵政とアフラックの提携という形で摩擦を回避した経緯がある。

強固な販路を持つ郵政とアフラックの結びつきが強まることで、国内生保も販売戦略の見直しが必要になる可能性がある。


反則のような連合に思える・・・。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3412 [今日の一言]

上手くいくために。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

臨機応変 [三国志]

この言葉を聞くと、三国志の諸葛亮評「応変の略はその長ずるところにあらずか」という言葉を
思い出す。

この評価は、陳寿が諸葛亮を快く思っていなかった表れとして酷評しているという見方がある。
一方で、「あらずか」の”か”は疑問を意味するのではなく、感嘆を意味すると言う人がいる。
すなわち「臨機応変のはかりごとは長所ではなかったのだなあ」という、酷評というよりも、
その長所でない部分まで孤軍奮闘しなければならなかった諸葛亮へのシンパシーのような
ニュアンスであると。

臨機応変。三国志で言えば曹操や、司馬懿といった俗っぽい言い方をすれば”勝ち組”の人間が
讃えられる評価。負けたり没落すると、袁紹や劉表のように時節を読めないと批判される。

臨機応変は大事なことだが、それに当てはまるかどうかは、結局結果を出したかどうかで
談じられやすい言葉のようだ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3411 [今日の一言]

勝ち進む。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1110・・・「 Disney ミッキーマウス 「まっすぐ」仕事論 MICKEY MOUSE THEORY OF WORK」 [読書]

本書で紹介されている仕事観に関する、言葉の
一つひとつに重みを感じる。納得する。唸らされる。

仕事をする上で大切なことが、ミッキーマウスの脱力させる挿絵を添えて書かれていて、読みやすい。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お酒の飲み方 量より質へ  ロシア [今日の日経記事から]

ロシアで都市部を中心にアルコール離れが進んでいる。健康志向の高まりを背景に飲まない若者が増加。プーチン大統領が推し進めてきた節酒政策も浸透した。ウオッカの消費量は減少傾向が続き、お酒の嗜好は量より質へと移っているとみられる。短い平均寿命に密造酒による中毒死――。長らく社会問題とされてきた"暴飲"のイメージを塗り替えつつある。

11月下旬、週末を前ににぎわうモスクワ中心部のレストラン。友人と食事に訪れた会社員のアレクセイさん(24)は迷わず紅茶を注文した。「お酒は記念日やパーティーでワインを少し飲むだけ。アルコールなしでも体は温まるし飲み過ぎて後悔することもなくなった」と話す。

アルコール度数が高いウオッカで知られるロシアだが、このような意見は珍しくない。全ロシア世論調査センターが9月に実施した飲酒頻度の調査では「毎日飲む」と答えたのは1%のみ。「飲まない」は40%で2009年(26%)から増えた。18~24歳では57%と2人に1人を超える。政府統計によると、ウオッカの販売量は16年に1人当たり6.6リットルと1999年の15.2リットルから半分以下に
なった。

背景には健康的なライフスタイルへの憧れがあるようだ。スクボルツォワ保健相はアルコール消費量や喫煙者が減ったのに対し、スポーツをする国民の割合が増えたと説明する。国内のランナー数は150万人以上とここ数年で急増した。欧米文化の影響もあり、都市部では肉や魚に加え、乳製品も避ける完全菜食主義「ビーガン」向けのメニューを提供する店も多い。

政権の方針も影響した。プーチン氏はほとんど酒を飲まず、外遊中に酔っ払ってダンスを披露するなど大酒飲みで名をはせたエリツィン元大統領とは対照的だ。健康増進のため05年に酒類の製造・販売業者への規制を強化。免許制でウオッカの製造を制限し、駅などの公共施設や夜間のアルコール販売、メディア広告を原則禁止するといった政策を打ち出してきた。購入可能な年齢を現在の18歳から21歳に引き上げる案も出ている。

代わりに勢いを増すのがノンアルコール飲料だ。ビール大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ・エフェスによると、ロシアのノンアルビール市場は17年に1割伸びた。バーテンダー協会のセルゲイ・コルベエフ代表は「健康ブームで、砂糖を抑えて新鮮なハーブや果物を使ったノンアルのカクテルが新たな流行になっている」と指摘する。

モスクワでは8月に砂糖をほとんど使わないカクテルを看板メニューに掲げた「レスシュガーバー」が開店した。医師から食事制限を受けた女性2人が発案し、ハチミツや樹液由来のシロップなどを使ったノンアルを含む独自のカクテル20種以上を提供する。「悪酔いしにくいと好評」(創業者のアンナさん)で訪れる若者が絶えない。アルコール輸入販売大手シンプルのマクシム・ポルキン氏は「飲酒量よりも質が重視されるようになってきた」と分析する。

ロシアでは過去に節酒令が出ては失敗してきた。ソ連時代にはゴルバチョフ政権が反アルコール・キャンペーンを展開した。酒類の価格を引き上げた結果、密造酒がまん延し、製造に使う砂糖の品不足や密造酒による死亡事故の急増を招いた。91年のソ連崩壊後の混乱を受け、消費量は再び増加。ストレスが原因とみられるアルコールへの依存が高まり、男性の平均寿命は一時58歳まで落ち込んだ。

現在も規制の強化で非合法なウオッカが横行しているとの懸念は根強い。16年には東シベリアでウオッカ代わりに入浴剤を飲んだ70人以上が中毒死した。モスクワの美術館では酒に酔った男が名画を破損する事件も5月に起きた。酒にまつわる悲劇は続くが、男性の平均寿命は過去最高の66.5歳まで延び、政権は成果を強調する。「国難」(プーチン氏)とされてきた過度の飲酒に別れを告げる日は近いのかもしれない。

酒と健康。他人事ではない。なかなか興味深い記事。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3410 [今日の一言]

ワンツーワンツーの日。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

徐庶の奇妙な冒険 [三国志]

三国志演義には多くの人物が登場する。「もっと活躍が見たかった」そんな思いをさせる
人物が数多にいる。徐庶はその一人。

徐庶。字は元直。彼は三国志演義では、一足早く諸葛亮より先に劉備に仕えている。
機略により曹操方の大軍を退けている。後に同じようなことを行った諸葛亮の
”プロット”のような活躍を見せている。その彼は母を人質に取られて、泣く泣く
劉備の元を離れ、劉備のもとを去ったことを怒った母に自殺されてしまう。

なんともやるせない三国志演義の徐庶。彼は諸葛亮の登場とともに物語から消えてしまう。
正史の彼はどうだったのだろう?

劉備に仕えて有能ぶりを認められたが、曹操の南下の際に劉備のもとを離れている。

次に名前が出てくるのは、諸葛亮の北伐の時期まで時間が飛ぶ。
諸葛亮は北伐を行なった際、徐庶と石韜の官職を聞き知って各々の才能に不充分と思い、「魏は取り分け人物が多いのだろうか。どうしてあの二人は用いられないのだろうか」と嘆いたという。

演義でこの話を採用しなかったのは、劉備の元を離れて曹操の配下になった徐庶を
”悲劇のヒーロー”としたかった心づもりからではないだろうか。
出世しなかった理由づけとして、劉備との別れの際に「曹操のためには一計も授けない」
と能力の封印を宣言させている。「もったいないな」それが読んでいたときの感想だ。

演義で諸葛亮の孤軍奮闘ぶりを読んでいると、徐庶が蜀にいれば、諸葛亮の心労が緩和できたの
ではないかと思い残念でならない。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語のイライラ [毒舌]

別に英語が嫌いなわけではない。むしろ、今真面目に勉強している。
ただ・・・。

英語に関してイライラを感じることが一つある。
それは・・・。

英語ではニュアンスがわかっているが、それを日本語で何と表現すればいいのか
わからないこと。
すなわち、英語で市民権を得ているが、それが日本語で訳すと具体的に何なのか
はっきりしていない言葉。

例えば、「ボトムライン」
妥協点?最低ライン?
正解のようでいて、胸をはってそうだとは言えないイライラがある。

ただ、1つ。そんな時の解決策を見つけつつある。

それは英英辞典を調べてみること。なのだが・・・、

bottom lineはfundamental reasonとあった、
基本的な理由?

やはりしっくりこない・・・。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3409 [今日の一言]

ひたむきに努力した人に成功はやってくる。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

paint a rosy picture [英語の勉強]

バラ色の絵を描くという意味。
英語にも日本語に似た言い回しがあるものだ。
それとも、日本語が似せたのか。

ちなみに
The government figures paint too mach rosy a picture.
とtooをつけることで「楽観的過ぎる」という意味になる。

言語とは根本で共通するものなのだろうか。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の冬のマイブーム [食べ物]

寒くなってきました。
この時期”防寒”も兼ねて缶コーヒーかコーンスープを買うのが定番でしたが・・・。

今年の冬は”甘酒”が密かにマイブームです。

”隠れキャラ”のような紙パックの甘酒風味の豆乳に嵌りました。
体に良さそうなイメージ戦略に負けました・・・。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3408 [今日の一言]

熱意をもとう。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

出来る限り [頑張れ私]

簡単に「出来る限り」と言ってしまう。
どう見てもそこまで努力していない場合、言葉の重みは軽くなる。

そして、その言葉を濫用し、実はそれほど努力していない事態が続くと、
自分の中で「出来る限り」が軽い言葉になる。

この言葉の重みを軽くすることは不誠実さにつながるように思える。
本当に”出来る限り”にやれることを洗い出し、可能な限り実行しよう。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1109・・・「800字を書く力 (鈴木信一氏著) [読書]

800字で文章をまとめるコツを期待して読んだが、
そのような内容ではない。

だが、そもそも文章を書くのは何故難しいのか、
文章を読む上で大切なこと、心得るべきこと
実際に例文を読みながら解説しており、勉強に
なる。

ノウハウの吸収にはならなかったが、文章の
なんたるかを考える収穫になった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シェイプエアロに向けて [フィットネス]

日曜日のイントラさんのレッスンは今日を含めて3回。
寂しさは否定できませんが、ここは前向きに受け止めます。

エアロは今までスクワットを入りる等、”トレーニング要素”の高さを意識しているように
感じていました。

今月は方向転換等、何となくシェイプエアロへの布石と感じます。

順調に対応。

残り2回もパーフェクトにこなします。

イントラさん今日も有難うございました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その3407 [今日の一言]

朗らかに過ごそう。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米つなぎ予算が成立 21日までの歳出可能に 「壁建設」先送り [今日の日経記事から]

トランプ米大統領は7日、21日までの歳出を可能にする「つなぎ予算」に署名し、成立した。7日が連邦予算の期限だった。与野党は「国境の壁」の建設予算について対立しているが、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の死去を受けて議論を先送りした。政府機関の一部閉鎖リスクを抱えながら、本予算をめぐる攻防が続く見通しだ。

上下院が6日、それぞれつなぎ予算を賛成多数で可決していた。7日までに予算が成立しなければ、政府機関の一部が閉鎖される可能性があった。

2019会計年度(18年10月~19年9月)の本予算のうち、不法移民対策にかかわる国土安全保障省などの7本の歳出法案については与野党の調整が済んでいない。国防費や教育などに関わる歳出法はすでに成立している。

トランプ米大統領は政権公約である「国境の壁」建設に50億ドル(約5600億円)の予算を野党・民主党が認めなければ、政府閉鎖も辞さない姿勢を示している。

米メディアによると、トランプ氏は11日、民主の上下院トップであるシューマー、ペロシ両院内総務と会談して予算について話し合う予定だ。19年1月の新議会で下院の過半数を握る民主は壁建設に反対しており、21日にかけて予算をめぐる攻防が再び激しくなりそうだ。

米国では10月から新たな会計年度が始まってもすべての歳出法案が成立しないのは通例となっている。17年も12月8日の期限に2週間のつなぎ予算でしのぎ、その後22日の期限でさらに1カ月延ばした。しかし18年1月19日の期限を迎えたときに与野党が歩み寄れず、4年ぶりに予算が失効して政府機関の一部が閉鎖した。

横暴さの目立つトランプ大統領。果たしてまともに予算が成立するのか甚だ疑問。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弾丸が切れるまで撃とう。 [頑張れ私]

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる
と言う。

弾丸が切れるまで撃とう。
可能性を追おう。

出来ることをしよう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ