So-net無料ブログ作成

学生の頃の思い出 [フィットネス]

中学の頃数学の先生で偶然、私の通っていた小学校の一年下の子のお父さんが私のクラスを担当することになりました。
(私は小学校は私立で中学が公立でした)
その先生はその話を息子さんから聞いて私の”素性”を調べて親近感を持ったらしく、必ず最低一度は授業中私は
指名されて質問に答えさせられました。授業の進め具合も露骨に私の理解度を確認しながらの進行でした。
私はクラスメートに「先生に贔屓されている」と思われることを恐れていたが、逆に「先生に鍛えられて大変だな」というような
旨の同情の声を掛けられました。お陰さまで数学の成績は自分で言うのも変ですが良かったです。
とかく周囲の皆は小学校の頃から同じ学校同士のクラスメートという繋がりがある中で、ともすれば孤立しそうだった
私を先生は気にかけられ、私に勇気や自信を与えてくれたのだと今では素直に思えます。
こんな話を思い出したのは、毎週参加しているステップのイントラさんが、私がスタジオに参加する位置が前の方だからかもしれませんが、動作一つ一つ上手くいくと「そう!その調子!」と声を掛けてくれたり、指でOKの合図をしてくれたりして私を乗せてくれるからです。
昔から私は人からいじられやすく、誉められて伸びるタイプなのかもしれません(笑)。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ