So-net無料ブログ作成

営業最大の敵は諦めの心? [ビジネス]

営業で最大の敵は諦めの心ではないか?
もう頑張っても駄目かもしれない。動きが遅過ぎた。相手よりも不利な状況にある。
もはや勝てない。勝てない理由を心の中で語りだしている。つまりは諦めの心に支配されている。
仕事を進める上で諦めることが必要なことは確かに有る。一つのことにこだわり過ぎて
別のすべきことに取り掛かれないような場合がそうだ。
だが・・・。
まだ頑張ればなんとか出来るかもしれない状況で、弱気になり、それらしい理由を見つけ出して
今までの努力を放棄する「諦めの心」が芽生えてしまい、それに負けることが有るのも
また事実である。合理的な理由無く諦めてしまおうとしている自分を感じたら、自問自答しよう。
単純に努力が実を結ばないことが耐えられなくなっている諦めの心に打ち負かされている
だけかもしれないのだ。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 4

なでしこ

mistta さん 
深夜の「はじめまして」にて 大変失礼いたします。
ご訪問頂いた上に、ナイスとコメントを頂きましてありがとうございます。
なんか・・昔、流行の言葉、思い出しました。
<・・・・だけかもしれないのだ。>ではなく・・・「”これでいいのだ”」と

「それで好いのだと!」ともマンガのパパさんもおっしゃってましたね~
by なでしこ (2011-04-18 01:38) 

mistta

>なでしこさん
nice&コメント有賀というございます。
私の好きな決め台詞です(笑)。
by mistta (2011-04-18 20:12) 

hidechan

「諦めの気持ち」が頭を支配し始めると、まだ巻き返しのチャンス有り の場合でも、「諦めの気持ち」を肯定する「合理的な諦めの理由(笑)」が次々とよぎります・・・
そんな時は、心身共に疲弊しているときです。
by hidechan (2011-04-20 12:11) 

mistta

>hidechanさん
諦めが肝心のときもあるのが曲者です(笑)
by mistta (2011-04-20 23:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ