So-net無料ブログ作成

蔡瑁・・・才能有り、家柄も良い演義の悪役 [三国志]

字は徳珪(『襄陽記』)。劉表の妻である蔡氏は姉。
襄陽郡の人。荊州の有力豪族の一人で、伯母(蔡諷の長姉)は後漢の太尉であった
張温の妻である(王先謙の『後漢書集解』)。長姉は黄承彦に、次姉が劉表の後妻として
それぞれ嫁いだ(『襄陽記』)。蔡瑁は、姪が劉琮に嫁いだため、次姉と共にその勢力を
増大させ、劉表の側近として重用された(『後漢書』)。 
実際に、劉表が荊州に地盤を築く事ができたのは蔡瑁の功績だといわれる。 
『蜀書』「先主伝」の注に引く『魏晋世語』では、蒯越と共に劉備の命を狙ったという記述が
あるが、東晋の孫盛も批判するように真偽の程は不明である。
劉表の死後、蔡瑁は劉琮を後継者にするために親族(甥?)である張允と共謀し、劉琮の
異母兄である劉琦とその支持者である劉備を追い出し、劉琮の後継を実現させた。しかし、
その直後に曹操の大軍が攻めてきたため、劉琮は戦わずして降伏した。蔡瑁は曹操に仕えて、
従事中郎・司馬を経て、長水校尉を歴任した。やがて漢陽亭侯に封ぜられるなど高位高官を
手にした(『襄陽記』)。これらの背景として、蔡瑁と曹操が旧知の間柄であったからだと
言われている(『襄陽記』)。
正史では彼が非業の最期を遂げたという記述は無い。演義は、劉備に反目する彼の存在を
許せなかったのだろう。蔡瑁を恐れた周瑜の離間策に嵌った蒋幹の報告で、周瑜に内通
しているという有らぬ疑いをかけられ、曹操によって張允と共に処刑されてしまう。
荊州という土地では、ある意味主の劉表以上に力の有る人物。劉備や諸葛亮がまともに
敵対しても果たして彼を排斥して荊州を奪えたか怪しいと思う。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ