So-net無料ブログ作成

喜んで”見せる”猫の優しさ [ペット]

そろそろお彼岸。私は、家族同然だった生前の猫を想う。
我が家の白猫。家族の一員であり、猫は立派に”役目”を果たしてくれた。
心を和ませてくれた。
好物のフライドチキンをあげたときに嬉しそうに食べてくれた。
確かに嬉しかったのかもしれないが、喜んで見せれば、人間は喜ぶということを
わかってくれていたような気がする。「ちょっと大げさに喜んであげるか」
そんな猫の”演出”が今思えば有ったような気がする。
打算ではなく、それは猫の優しさだと思っている。夜遅く帰ると、心配そうに玄関の
前まで迎えに来る猫。猫はある意味私を子供だと思っていたのかもしれない。
死んだ今でも、猫は私にとって大事な家族だ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ