So-net無料ブログ作成

猫への”無償の愛” [ペット]

猫は犬と比べると”愛嬌”をふりまかない。可愛がられても、可愛がられることが
”既得権”だと思っているようだ。そして、可愛がられていることを最大限利用して
生きている。

ちょっと言い方がひどいかな(笑)?

でも、猫のために色々尽くしてあげても、不愛想だったり、ちょっとお礼の
ご愛嬌で”あしらわれ”た後に、逃げられてしまうと、猫への愛は無償の愛だなと
思ったものだ。

もっとも猫の”名誉”のために言えば、時々気まぐれのように甘えてみせたり、
特別従順だったりしたものだ。そして、それで満足していた私(笑)。
猫は、私を甘やかさない愛を示してくれたもかもしれない(笑)。

猫が他界してから心から思うこと。
無償の愛は良いものだ。愛するものが生きているからこそ、無償の愛を示せる
のだから。そして、仮に無償だと思っても、愛せることは、それはそれで
素晴らしい。その気持ちは変わらない。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ