So-net無料ブログ作成

読書ごは紹介その386・・・「「頭がいい人」は脳をどう鍛えたか」(保坂隆氏編) [読書]

保坂氏は聖路加国際病院精神腫瘍科医長。タイトルに興味を持ち、たとえ全面的には
信じられなくても、納得できる鍛え方だと思い、それが簡単に実行可能であれば
参考にしようと思い読んだ本。以下、興味を持ったポイントをいくつかご紹介。

・利き手と反対の手を使うことは頭の体操になる。
・食事の理想は一口30回(噛むことで頭の働きが良くなる)。
・モーツァルトの曲は頭の働きを良くする。
・頭の働きをよくするには、肉類を一日約100グラム以上摂取すべき。
・笑いはもっとも高度な脳の活動

医学の人らしく、医学の観点で頭を鍛えることについて考察されている本。
やってみようかなと思う事例は他にも色々紹介されており、興味を持たれたかたには
ご一読を勧めます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ