So-net無料ブログ作成

ホセ戦ジョーのパンチが当たる理屈がわからない。 [レトロ]

漫画に細かいことやリアルを求めるは野暮であると知っている。だが・・・。

序盤全然ホセに当たらなかったジョーのパンチ。
それが、右目が見えないことが幸いして嘘のように当たるようになる。

不思議だ。ホセがパンチをよけるのは紙一重で、体をほんの少し動かすもの。
視界不良のジョーのパンチが当たる理屈が見つからない。

野球の投手の荒れ球のような理屈かなとも考えたが・・・。

無理に考えると、ホセは相手がパンチを打つ瞬間にパンチの軌道を読んで、条件反射で
わずかにパンチを外す動きをするように”自動化”されていたと考えること。

無理を感じる・・・。

パンチドランカー症状が進んでいるのに、いつの間にか無意識に高等技術のコークスクリューを
打っていたジョー。理屈を超えた奇跡を起こしていたと考えるのが一番”自然”か(笑)・・・。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ