So-net無料ブログ作成

読書ご紹介その1014・・・「日本語の素顔」(外山滋比古氏著) [読書]

文章に書かれている現時点に、時代を感じる。
昭和の時代日本語がどう扱われていたのか、
どんな風に変わっていくと、外山さんが考えていたのかを読むのは興味深い。
日本語の非論理を外山さんは全面肯定していない。
日本語の一長一短がわかり、面白い。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ