So-net無料ブログ作成

向朗・・・演義では活躍が無い蜀の大物 [三国志]

向朗は、中国後漢末期から三国時代の政治家。蜀漢に仕えた。字は巨達。甥は向寵。
子は向条。荊州襄陽郡宜城県の人。

若い頃、司馬徽に師事した経緯や、生まれが荊州であったことから、徐庶・龐統・韓嵩らと
親交があった。学門の道よりも政治の道を選び、刺史の劉表に仕官して臨沮県長となった。
劉表死後は劉備に仕えた。行政能力に優れ、荊州南部4郡を得た際は秭帰・夷道・巫・夷陵の
4県を任された。入蜀後は巴西太守・牂牁太守・房陵太守など、郡太守を歴任した。

劉禅が即位し、諸葛亮が丞相になると歩兵校尉となった。王連の没後は彼に代わりその長史
(幕僚の長)となり(王連伝)、225年の南征の際に留守を守った。

227年、北伐が開始されると、留府長史が張裔に交代となったため(楊洪伝)、漢中に赴いた。
しかし向朗は平素より馬謖と親しかったために、街亭の戦いでは馬謖が戦場から自分の下に
逃亡してきた際に黙認した。このため諸葛亮に恨まれ免職された。
かつて廖立は、「向朗は昔から馬良兄弟を奉じて聖人と言っており、長史にするのは道理に
合わない」と批判したが、それが的中する形となった。

しかし数年後、光禄勲として復職を許された。諸葛亮の死後は左将軍・行丞相事に昇進した。
その後、さらに以前の(街亭の戦いを参照)功績が評価され顕明亭侯に封ぜられた。
位も特進(三公に匹敵する待遇)に昇進した。

若い頃から学問を好んでいたため、長史を辞めて公務から解放された後は、古典の研究に
勤しむようになり、80歳を過ぎても自ら書物を校訂してやまなかった。
多くの客と接し広く弟子たちを受け入れたが、古典の語義のみを話題とし、世相については
関わろうとしなかったため、賞賛された。247年に死去した。

彼は何故演義で取り上げられなかったのか?

馬謖の一件が複雑のものになることを嫌ったのか。それとも政治家としての一線を退き、
穏やかな余生を少した彼は、”悲劇的な蜀”としての色付けからは遠い存在だったからだろうか?

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ