So-net無料ブログ作成

シニアに成果給・ポスト 処遇改善、就労意欲高める [今日の日経記事から]

シニア社員の処遇を改善する動きが企業に広がってきた。60歳の再雇用時に減額されることが多かった基本給を引き上げるだけでなく、成果報酬の導入や責任の重いポストの用意で就労意欲を高めるようとしている。政府が目指す70歳まで働く社会づくりにはシニアの活躍が欠かせない。厚生労働省はこうした流れが中小企業にも浸透するよう補助金で後押しする。

60歳以上で働く人の数は2017年度平均で約1340万人。就業者全体の2割を占める。高年齢者雇用安定法では希望者全員を65歳まで雇うよう義務づけており、就業者は増えている。

厚労省によると65歳まで雇用を確保するために企業が導入しているのは8割が継続雇用制度だ。60歳で定年を迎えると嘱託などで再雇用する。この際、賃金は2~3割下がるのが一般的。60~64歳の平均賃金は月27.5万円と55~59歳の36.4万円を大きく下回る。

ただ、年齢を理由に一律で賃金を下げる仕組みは働き手の意欲低下につながりかねない。能力のある技術者らは中国など新興国の企業に転職する動きもあり、人材流出につながる面もある。

こうしたなか、就労意欲を高めるためにシニアの処遇を見直す企業が増えている。味の素AGFは18年7月から60~65歳の再雇用のシニア社員の給与体系を見直し、賞与も成果を反映するように制度を変えた。これによって年収は従来と比べて3割増えるという。

週休3日制を導入したほか、勤務地の希望も出せるようにして、シニア社員の待遇を改善し、働き手を確保する狙い。若手へのノウハウ伝承などに力を発揮してもらう。

JR西日本は18年度から再雇用したシニアの基本給を加算する待遇改善に合わせて、働きぶりに応じた給与で報いる姿勢を鮮明にした。出勤日数に固定額で支払う「精励手当」を勤務成績が「優秀」なシニアだと4万円から5万円に増額。「特に優秀」だと6万円から10万円にアップさせた。

一方、出勤停止になったり、勤務成績がよくない場合は減額したりしてメリハリをつける。「一層の活躍に期待し、モチベーション高く業務に精励してもらうため」と担当者は狙いを話す。


少子高齢化が進み、労働人口の減少が深刻な問題となりつつある日本。
この記事にあるような動きが広がることに期待したい。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

延長線上で考えられない時代 [独り言]

現代はどんな時代か?と聞かれたら、そう答える。

今まで通じていたやり方が通じなくなる。
当たり前だったことが当たり前でなくなる。

延長線のように先まで安泰と思えたことが、保証されない時代。
それは怖いことであるのは確か。
だが、マイナスに受け止めず、それをプラスに作用させることを考えて行動する。

現代とはフリーハンドで前に進んでいくことを求められる時代と言えそうだ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人手不足倒産が最多 18年、求人難と人件費高騰で [今日の日経記事から]

人手不足が理由となった倒産が増えている。東京商工リサーチの調べによると、2018年は11月までで362件と前年同期から2割強増加した。13年の調査開始以降、通年ベースで最多だった15年(340件)を既に上回っており、年間で過去最多となるのが確実だ。

人手不足のタイプ別では、業務を担う人材が確保できずに事業が続けられなくなる「求人難型」が66%増の53件と大きく増えた。人材つなぎ留めのための待遇改善がコスト増に跳ね返った「人件費高騰型」も71%増の24件と増加が目立つ。代表者の病気や引退による「後継者難型」は13%増の261件だった。

人手不足倒産に見舞われた業種は、飲食業や老人福祉・介護事業、貨物自動車運送業などのサービス業が中心だ。景気の緩やかな回復が続き、足元の有効求人倍率は1974年以来の高水準にある。賃金や労働負荷の面で条件がよい他業種に人材が流れている。

全体の倒産件数は減少が続く。同期間で7613件と1.2%減。景気回復や金融機関による資金繰り支援を背景に、通年でも10年連続減少となる可能性が高い。一方でサービス業は3年連続、小売業では10年ぶりの増加が予想される。人手不足による倒産が押し上げる形で「19年は全体の倒産件数が増加に転じてもおかしくない」(東京商工リサーチ情報本部)という。


これは日常生活の中で、その兆候を様々な場所で感じていること。
そして、打つ手があるのか疑問。
記事の結びの通り、19年は倒産が増えるのではないかと心配。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マッタリからの方向転換 [フィットネス]

日曜日は長年イントラさんの初級者向けレッスンをマッタリ楽しんでいましたが、
今月からはスタジオプログラムが変わり、”方向転換”。

3年間”封印”していたシェイプエアロに参加します。

木曜日に参加することのあるインストラクターさんのシェイプエアロに参加。

昨日もそうでしたが、3年のブランクを感じました。

一ブロック目の完成型がなかなか頭に入らず、終盤ようやく理解しましたが、
その”代償に”二ブロック目の記憶消失・・・。

来週はTOEICのため参加できませんが、ピッチをあげてシェイプエアロの感覚を
取り戻します。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書ご紹介その1126・・・「(生)決算書レッスン」(柴山政行氏著) [読書]

決算書の基本的な知識の解説から始まり、実践の決算数字をサンプルに
見るべきポイント、業種ごとの特徴などが、わかりやすく書かれている。

例えば、外食産業は在庫が少ない業種である、商社は仕入債務が
大きくなりやすいなど。

同業比較もその相違点の背景などについて言及されていて勉強になる。

成長力は、純資産の伸び具合で見よ等、参考になる点が多い。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言その34³5 [今日の一言]

前に進もう。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ