So-net無料ブログ作成

東芝、営業減益幅が拡大 今期、エネ事業で追加費用 [今日の日経記事から]

東芝の2019年3月期は本業のもうけを示す連結営業利益が200億~300億円(前期実績は861億円)になりそうだ。昨年11月時点の600億円の予想を下方修正する。エネルギー部門など一部事業で追加費用を計上する。4月から始まる中期経営計画の達成に向けて、成長分野に経営資源を集中する。

13日に18年4~12月期決算を発表する予定で、通期の予想も見直す方向で調整している。世界経済の減速懸念が強まるなか、各事業の環境やリスクを改めて精査。その結果、エネルギー関連など複数の部門で引当金などを追加計上する。

システムLSIなど一部の既存事業も苦戦し、利益の押し下げ要因になる。POSシステムを手掛ける東芝テックの利益は昨秋時点の予想より上振れするが補えない。

一方、鉄道システムやビル用空調は順調だ。円相場も会社想定(昨年11月以降で1ドル=105円)より円安・ドル高で推移し、連結売上高は従来予想の3兆6000億円(前期実績は4兆円弱)から大きな変化はなさそうだ。

来期から始まる5年間の中期経営計画(24年3月期で営業利益4000億円)は変更しない。中計での業績回復を確実にするためにも、今期にできるだけ費用処理を済ませ、あらゆるモノがネットにつながるIoTなどに集中する。

今期の連結純利益は昨秋時点で9200億円と前期比14%増を計画していた。半導体子会社だった東芝メモリの売 却益を計上するのが大きい。ただ米投資ファンドのベインキャピタルなど日米韓連合は買収後、東芝メモリの資産を精査してきた。東芝メモリは現在も東芝の持ち分法適用会社のため、会計処理で新たな費用が発生すれば東芝の純利益も下振れする可能性がある。


【所感】
有力事業を多数切り売りしている感のある東芝。なかなか思い描く回復シナリオ通りとは
行かないようだ。歴史ある優良企業グループ。健闘を祈りたい。

nice!(4)  コメント(0) 

読書ご紹介その1138・・・「金持ち男になる方法93」(スティーブ・チャンドラー (著),サム・ベックフォード (著),弓場隆 (訳)) [読書]

本書は、金儲けのノウハウ本ではない。

汚いと考えられがちな金儲けについて、まずは
お金がクリーンなエネルギーを持っていることから
説く。

感謝すればするほど、感謝をしたくなることが増えるなど、精神論的な話やメンタル、そして、思考法について、賛同したい意見が多い。

大いに参考にしようと思う。
nice!(2)  コメント(0) 

祝日コンバット [フィットネス]

少し咳が出る状態でしたが、”ギリギリセーフ”と判断して(笑)イントラさんのコンバットに
参加。

今日は、40番台、50番台の曲をチョイスしたそうです。

途中でプッシュアップが入らなくて良かった・・・。

イントラさんらしく、”フォームの指導”が入る、熱が入らざるを得ないレッスン。

体調の悪さが吹き飛んだ一時間でした。

イントラさん、ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(0) 

ウォームアップにも一工夫 [フィットネス]

祝日ということで、今ではなかなか参加できないイントラさんの初級者向けエアロに参加しました。

ウォームアップで「お?」(笑)と思った新しい動き。

ステップタッチしながら、両腕をクロスした状態から肘を後方に引く動き。

斬新な感じがするともに、普段の”自主トレに取り入れようと思いました。
楽しい40分でした。イントラさん有難うございました。
nice!(2)  コメント(0) 

今日の一言その3471 [今日の一言]

晴れ晴れといこう。
nice!(5)  コメント(0) 

半導体大手の業績、急減速 [今日の日経記事から]

世界の半導体メーカーの業績にピークアウト感が強まっている。9日までに業績を発表した韓国のサムスン電子など主要8社の2018年第4四半期の純利益合計は前の四半期比で約3割減少した。中国景気の減速が鮮明になるなか、米アップルの「iPhone」などスマートフォン(スマホ)の販売が鈍化し、データセンターの建設ラッシュも一巡した。各社は在庫の滞留で財務が圧迫されやすくなっており、設備投資を手控える動きも出始めている。

今後の焦点は半導体市況の悪化がどのくらい長引くかだ。19年の半導体市場の規模は3%増と低い伸びになると業界団体の世界半導体市場統計は推計する。「データセンターへの巨額投資を続ける」(米フェイスブックのデビッド・ウェーナー最高財務責任者=CFO)といった動きがある一方で、「18年より逆風は強い」(インテルのロバート・スワンCFO)といった悲観的な見方も少なくない。

【所感】
スマホにかなりのウエイトを依存している半導体業界。スマホの販売が鈍化すれば、業績の
急減速やむなしというところか。プラス材料が少なく、厳しい状況が続きそうだ。

nice!(4)  コメント(0) 

自分が原因ではないか疑う。 [独り言]

問題が発生したときに、まず疑ってみるべきこと。
他責を考えず、「自分が原因ではないか?」検証することは大事。
「自分は正しい」と根拠なく断定する考えは危険だ。
まずは自分に非が無いか考えてみよう。
nice!(2)  コメント(0) 

領土は奪えばいいものではない。 [三国志]

三国志の話。
やっとの思いで領土を奪っても、住民の反発を招き、税収を得られず、徴兵できなければ
無駄に領土を広げることになる。更に言えば、敵の反撃であっさりと奪還されれば徒労に
なってしまう。

魏が強大になれたのは、圧政に近い状態ながらも住民の大きな反発を招かず、
国力を順調に増強できたからだろう。華北を制することができたのは、盤石な国力を
得たことと言える。それこそ、三国の中で抜きんでた存在になれたゆえんではないか。

これをビジネスに”無理やり”たとえると(笑)、大安売りで新規顧客を得ればいいものではない。
しっかりとロイヤルカスタマー化しなければ、会社にとっての財産にならないという
ことか。
nice!(2)  コメント(0) 

今日の一言その3470 [今日の一言]

前に進む。
nice!(4)  コメント(0) 

評論家 [毒舌]

評論家だね。

そう言われたら・・・。それは揶揄である。
結果論でモノを言う。それも他人の行動の結果を酷評して、酷評することにより自分は
上から目線でモノを言える知識優れた人物であるかのごとく誇示する。

評論家の意見を聞きたいと思うこともあるが、たいてい、期待を裏切る内容であることが
多い気がする。他人が言い古した意見を流用するオリジナリティの無さ。根拠の無い
憶測の断定的主張。

評論家は、ネガティブに言うことが多い。それはそれで現実がそうであるうえでの分析ならば
仕方が無いが、それでも「こうすればー」と建設的な意見を聞きたいと思うことが多い。
悪口だけならば、評論家ではなく、皮肉屋と自称してくれた方がわかりやすい。
nice!(4)  コメント(0) 

久々の雪 [独り言]

久々の雪。
かなり降るような予想でしたが・・・。

外れて良かった。
でも、少し寒かったのは確か。

被害が無い程度の雪ならば、冬らしくていいかもしれない。
nice!(1)  コメント(0) 

嗚呼!そうか! [フィットネス]

本日参加のイントラさんのシェイプエアロ。
先週の自己評価はそれなりにできたというところですが、今日は?

一ブロック目、二ブロック目明らかにリズムを合わせられなかった箇所が・・・。

一ブロック目、床につま先を軽くタッチしてゆっくりニーアップするところ!

そして、二ブロック目のピポットターンをしてキックをする箇所。

今月まだ2回もチャンスが有ります。今日はそれ以外は”まずまず”ということにしておいて(笑)、
雪の中言った甲斐のあるレッスンでした。

イントラさん有難うございました。
nice!(4)  コメント(0) 

今日の一言その3469 [今日の一言]

落ち着いていこう。
nice!(5)  コメント(0) 

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。 [独り言]

リチャード・ニクソン。お父さんの方のニクソン元大統領の言葉。

真理だ。弱気になったら、この言葉を思い出して心を奮い立てよう。
nice!(3)  コメント(0) 

ソニーが自社株買い 1000億円上限、株主還元で初 [今日の日経記事から]

ソニーは8日、1000億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。株主還元を目的とした自社株買いは初めて。エレクトロニクスやゲームなどの事業が好調で、稼ぐ力が高まり、財務も改善している。2018年末から株価が低迷していることもあり、株主還元を強化する。

取得する株数の上限は3000万株で自己株式を除く発行済み株式数の2.36%に相当する。自社株の取得期間は2月12日から3月22日。

8日の東京株式市場でソニーの株価は一時、前日比7%高まで上昇。午前の終値は5%高の4943円だった。

「決算から間もないタイミングでの自社株買いは経営陣が株価を『割安』だと感じているメッセージ」(岡三証券の小川佳紀氏)との声が聞かれた。

1日に発表した2018年4~12月期連結決算(米国会計基準)は本業のもうけを示す営業利益が前年同期比14%増の8115億円と同期間として最高を更新した。カメラやテレビといったエレクトロニクス部門の収益が堅調に推移していることに加え、ゲーム部門でもネットワークを通じた課金収入が安定した収益を生んでいる。

19年3月期は営業利益見通しは据え置いたが、スマートフォン(スマホ)に使う画像センサーの落ち込みで売上高を2000億円引き下げた。半導体の減速懸念から4日の株価が一時9%安と急落、その後17年11月以来の安値を付けていた。

自社株買いの原資となる現金を生み出す力も向上している。4~12月の営業キャッシュフロー(金融を除く)は60%増の6050億円に達した。18年12月末時点の現預金残高(金融を除く)は1兆108億円と、有利子負債(同、5659億円)を大きく上回る。


【所感】
「ソニーの復活は本物か?」そんな市場の疑問に対する「大丈夫!」のメッセージ発信なのだろうか。ソニーの堅実な復活を願う。
nice!(1)  コメント(0) 

今日の一言その3468 [今日の一言]

Never surrender.
nice!(6)  コメント(0) 

英語は論理的で奥行きが深い。 [頑張れ私]

英語の勉強をしていると、論理的な言語だと感じる。
文法、文体の規則正しさ。
冒頭でネガティブなニュアンスなのか、ポジティブなニュアンスなのか読める。
勉強していて楽しいと思うことがある。
nice!(5)  コメント(0) 

インドネシア5.1%成長 昨年、財政支出が消費下支え [今日の日経記事から]

インドネシア中央統計局は6日、2018年の実質国内総生産(GDP)の伸び率が17年に比べ5.17%だったと発表した。公務員賞与の増額など財政支出が個人消費を下支えし、伸び率は14年10月に誕生したジョコ政権下で最高になった。ただ外国からの投資は落ち込んでおり、4月の大統領選挙では成長戦略が重要な争点となりそうだ。

インドネシアは経済規模で世界16位(17年)で、20カ国・地域(G20)に加盟する東南アジア最大の経済大国だ。豊富な資源を抱え、人口も2億6千万人と多く、50年にはGDPで世界5位以内に入るとの予測もある。

18年の成長は個人消費に支えられた。ジョコ政権は選挙対策の色彩が強い財政出動で、公務員賞与を増額。元公務員の年金受給者にも賞与を支払うなどして、インドネシアの労働人口の4%弱にあたる約450万人に計35兆ルピア(約2700億円)を支給した。こうした政策で、個人消費の伸びは17年と比べ加速した。

アジアのスポーツの祭典「アジア競技大会」や国際通貨基金(IMF)世界銀行総会など、大型イベントの開催も消費を押し上げた。ジョコ氏は1月上旬の閣議で「世界経済が不確実性を増す中で、インドネシア経済は順調だ」と経済政策の成果を強調した。

インドネシア政府は19年のGDP伸び率の目標を5.3%程度に定めている。今年4月には公務員給与を5%増額して下支えを狙うが、慢性的な財源不足のなか、バラマキとも批判される財政支出がいつまで続けられるかは不透明だ


【所感】
インドネシアは人口多く有望視される新興国。成長率2%が目標の日本からすれば夢のような
成長率。
だが、そのインドネシアも難しい局面を迎えていることも確か。どのように打開していくのか
注目したい。
nice!(2)  コメント(0) 

今日の一言その3467 [今日の一言]

基本に帰る。
nice!(5)  コメント(0) 

懸賞投稿 [独り言]

書いたところ、アマゾンのギフトカード1万円が当たった。
これは嬉しい。
ちょっとしたお小遣い気分。
調子に乗って二匹目のドジョウを狙ってしまいそう(笑)。
nice!(3)  コメント(0) 

読書ご紹介その1137・・・「考え方の工夫」(松村弥太郎氏著) [読書]

松浦さんの本なのでマニュアル的なものを
求めず読んだ。

そのスタンスは正解かもしれない。
本書にフレームワークのような話は出て来ません。

それでも、仕事をしていく上で大切な感情。
自分の感情。お客様、世間の感情に敏感に
なり、それを大切にすることの必要性には
共感した。

精神論的だが、読んで納得感が高い一冊。
nice!(1)  コメント(0) 

今日の一言その3466 [今日の一言]

成果をあげる。
nice!(4)  コメント(0) 

ググる習慣のミレニアル世代 [独り言]

ググればたいていのことがわかる現代。だが、だからといって、わからないことを即調べる
人は果たしてどれだけいるだろうか?

ミレニアル世代。残念ながら、無気力な人もいる。一方で、それこそ、わからないことは
すぐにグーグルで調べて、更に関連事項の知識まで身につける。そのような姿勢の人も
少ないなりに存在する。

とても大切なことだと思う。AI、ビッグデータ。材料が良くても、料理する意志と
行動力が無ければ始まらない。ググる習慣で日進月歩を地で行くミレニアル世代の
活躍を期待する。
nice!(5)  コメント(0) 

昔見たくなかったTVのCM、今は? [毒舌]

テレビくらいしか見るものが無かった時代、流れるCMで
「このコマーシャル見たくない!」というものがいくつか有った。
テレビを余り見なくなった今は・・・。

それに代わってYouTubeの動画広告、それも長々と意見広告を暗い声で、不愉快な内容の
映像、音声を流されるとウンザリする。

媒体が変わっても、似たような現象は繰り返されるということなのだろうか。
nice!(1)  コメント(0) 

今日の一言その3465 [今日の一言]

考え抜く。
nice!(6)  コメント(0) 

読書ご紹介その1136・・・「営業デジタル改革」(角川淳氏著) [読書]

昔のアナログ営業と、これからのデジタル営業との違いは何か?

目指すべき数年後の営業の姿をデザインする。
出来るだけ、数値化して。

そして、その数値が目標に向かって順調に
推移していることを把握できるようにする。
そのためには、評価の仕方を明確にする。

本書を読んで、なるほどと思えた点は多い。
しっかりと参考にしたい。
nice!(4)  コメント(0) 

嫌な時間を短く感じるコツ [なんちゃって理論]

そのような技術があれば、ストレスはグッと減りそう。
何か無いだろうか?
nice!(2)  コメント(1) 

今日の一言その3464 [今日の一言]

戦略を立てよう。
nice!(5)  コメント(0) 

諸葛亮はいつ天下三分の計を考えたのだろう? [三国志]

諸葛亮の代名詞とも言える「天下三分の計」彼はいつこの戦略を考えたのだろう?

早くとも官渡の戦い後の曹操が華北を制した後。
そして、孫権が江東を掌握した後であると断定できる。

そして・・・。

劉備が劉表の賓客になった後。曹操が北上している頃、ちょうど本拠を留守にしている頃
くらいではないかと私は思う。

天下の趨勢が決しつつあるものの、曹操の天下になるのは反対だ。
誰かを擁立して天下統一を防ぐには・・・。

三顧の礼により、劉備に招かれた諸葛亮だが、天下三分の計を構想する段階で
”身近な英雄”劉備を主と仰ぐことを含めて着想したのではないか。

そう考えて出た結論。諸葛亮は、劉備の一度目か二度目の訪問を受けた段階で、
天下三分の計を考え出した。
少し無理気味な推測だろうか?
nice!(3)  コメント(0) 

少し間抜けな話 [自虐]

自分のブログのアクセス解析の中から「こんなこと書いたかな?」と記憶に無いブログ記事。
読み返して「こんなことを考えていたのか?」と驚くことがある(笑)。

マヌケな話。でも、少しだけ勉強になったりもする・・・。かな(笑)?
nice!(2)  コメント(0) 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ